石油は価格に上昇し続けたが、市場価格の制限の黒字

石油は価格に上昇し続けたが、市場価格の制限の黒字

6 11月 2015, 15:35
Kadze
0
56

北海ブレントブレンド12月先物の入札価格によると、バレル当たり48.45ドルに上昇した。 WTI原油12月先物価格はバレル当たり45.53ドルに上がった。

世界の原油価格は、肯定的な傾向を示し続けるが、市場での原料の過剰と米国はオークションによれば、「黒い金」の価値の力強い成長を制限する連邦準備制度によって金利の増加の可能性が依然として存在する。

金曜日に13.41 MSK時とブレント原油の北海石油ミックス12月先物の-バレル当たりの価格は0.98%から48.45ドルまで上昇した。 WTI原油12月先物価格は0.73%、をバレル当たり45.53ドル上がった。

原油価格は、米国内の在庫データを取り戻すために続けています。米国エネルギー省によると、 1030日に終了した週の(戦略的な準備金を除く)の国で商業的な石油埋蔵量は、1日バレル当たりで0.6%および2847000バレル増加し、4.828億バレルに上昇した。石油生産は0.5%増加し、または一日あたり48000バレル- 916万バレルまで上がった。

水曜日に、米連邦準備制度理事会ジャネット・イエレンの頭は12月の金利上昇の可能性があると述べた。米国経済は現在、国内の収益は着実に成長している「うまく機能」していることを指摘した。正の統計は、FRB12月に金利を上げるために別のインセンティブとすることができる。金利を上げると原油価格に圧力をかけることになる、ドル高の原因となる。

また、投資家は、米国の掘削リグのダイナミクスに関するデータを待っています。金曜日に米国の石油サービス会社ベーカーヒューズの21.00 MSKが毎週のデータを発表する。週間前、国のユニットの数は775台、12台、および1.52%下がった。毎年恒例では、この数字は1154単位で、59.8%に下がった。

それを友達とシェアしてください: