日経平均は268円高で後場スタート、上げ幅を広げ一時再び18000円乗せ

日経平均は268円高で後場スタート、上げ幅を広げ一時再び18000円乗せ

5 10月 2015, 11:56
Yamaguchi Katashi
0
43
[日経平均株価・TOPIX(表)日経平均;17993.32;+268.19TOPIX;1462.66;+17.74 [後場寄り付き概況 日経平均は前引け値から上げ幅を広げ始めた。それにより、再び18000円に乗せる情勢。
ランチタイムの225先物は17930円処から徐々に上がっており、現物の後場寄り付き時には18010円に達している。 
昼のバスケットは買い越しとの注視。
円相場は1ドル120円辺りと、朝方からは横ばいで推移している。 
 指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクグ (TOKYO:9984)、ファーストリテ (TOKYO:9983)、ファナック (TOKYO:6954)が引き続き堅調。 
セクターを見ると、鉱業、卸売、鉄鋼、石油石炭、医学品、機械、空運、非鉄金属などが2%超の上昇となっている。 
規模別指数でみると、大型、中型、小型株指数ともに2桁の上昇となった。 
それを友達とシェアしてください: