グラフィックコントロールオプションを用いたインディケータ作成

5 10月 2015, 12:48
Vasily
0
391

はじめに

マーケットの動きに通じた方はMACDインディケータ(移動平均収束拡散)をご存じでしょう。価格の変動を分析するのに力強いツールで、コンピュータ分析手法が登場したごく初期段階からトレーダーに利用されているものです。

私はチャートで位置を勝ち取ったMACDについて長らく研究をしてきました。異なるオプションや計算アルゴリズムを伴う異なるタイプのインディケータをたくさん見てきました。そして、知っている限りのタイプを一つのインディケータにまとめようと決めました。


MACDインディケータのタイプ

インディケータには従来のMACDラインとoSMA ヒストグラムがあります。MACDの主な変更を明確にします。

  1. エルダーのMACDはまたインパルスシステムとして知られています。
  2. 変動ラインによってチェックされないエルダーのMACD
  3. oSMAは成長や低下を異なる色でプロットされます。
  4. oSMAヒストグラムのみプロットされます。
  5. MACDラインのみプロットされます。


インディケータの初期設定

計算には以下のパラメータが必要です。

  1. ファーストMACDラインの値
  2. スローMACDラインの値
  3. シグナルMACDラインの値
  4. エルダー手法によるトレンド特定ラインの値

このインディケータをプロットするには、以下が必要です。

  1. MACDライン
  2. シグナルイン
  3. 3色OSMAヒストグラム

MQL5ウィザードのメニューに移動します。

図1 MQL5ウィザードを用いたインディケータ作成

図1 MQL5ウィザードを用いたインディケータ作成

図2 MQL5ウィザードでの共通インディケータパラメータの定義

図2 MQL5ウィザードでの共通インディケータパラメータの定義

図3 MQL5ウィザードでのインディケータの描画プロパティの定義

図32 MQL5ウィザードでのインディケータの描画プロパティの定義


インディケータの作成

インディケータの初期テンプレートを入手しました。まず、われわれのインディケータでMACDラインを計算します。

このラインの計算にあたり、あまり厳密に式を深く掘り下げません。iMACD関数を使用します。

int iMACD (
   string symbol,           // symbol name
   ENUM_TIMEFRAMES period,   // time period
   int fast_ema_period,    // fast averaging period
   int slow_ema_period,    // slow averaging period
   int signal_period,      // averaging period of a signal line
   ENUM_APPLIED_PRICE applied_price // type of price or a handle
   )

この関数はインディケータの適切なコピーのハンドルを返します。このハンドルを使用すると、インディケータの計算されたデータ取得が可能です。インディケータバッファからのデータ(テクニカルインディケータはインディケータにより5個まで自身の内部バッファに計算されたデータを保持します)は、CopyBuffer()関数によってコピーが可能です。

次にiMACD関数を使って、MACDデータを要求します。

int MACDhadling =  iMACD(NULL,0,Fast,Slow,Signal,PRICE_CLOSE);

それはインディケータコピーのハンドルを返します。

CopyBuffer関数により必要なバッファにデータをコピーします。

int  CopyBuffer(
   int       indicator_handle,     // indicator's handle
   int       buffer_num,           // buffer number of the indicator
   int       start_pos,            // start position 
   int       count,                // number of data to copy
   double    buffer[]              // target array for the data to copy
   );

ここで、インディケータのMACDラインを要求します。

CopyBuffer(MACDhadling,0,0,NewData,MACDlineBuffer);

インディケータのシグナルラインを取得します。

CopyBuffer(MACDhadling,1,0,NewData,SignallineBuffer);

すべてを集めて取得したものがなにか確認します。

int MACDhadling=iMACD(NULL,0,Fast,Slow,Signal,PRICE_CLOSE);
CopyBuffer(MACDhadling,0,0,rates_total,MACDlineBuffer);
CopyBuffer(MACDhadling,1,0,rates_total,SignallineBuffer);

今手元にあるのは計算したMACDとシグナルラインです。

それでは続けましょう。

以下からのデータは下記のようである事実により

MACDlineBuffer

バッファと

SignallineBuffer

バッファはコピーにより取得され、そのインデックスはチャートの最後からきています。

これまでの経験から価格配列データへのアクセスはデータの最後から行われます。物理的には、新規データは常に配列の最後尾に書かれますが、現在の(未完了)バーインデックスは常にゼロとなっています。時間連続配列における0に等しいインデックスは、現在バーのデータを指し、それは時間枠の未完了の時間インターバルに対応しています。

すべてのバッファ内で同一のインデックス方向を使用するには、その他のバッファを時系列として定義する必要があります

ArraySetAsSeries(HistogramBuffer,false);
ArraySetAsSeries(HistogramColors,false);

ヒストグラムデータを取得する必要があります。それはMACDラインからのシグナルラインの減算を使って計算されます。

for(int i=0;i<rates_total;i++)
  {
   HistogramBuffer[i]=MACDlineBuffer[i]-SignallineBuffer[i];
  }

すべてを組み合わせます。

ArraySetAsSeries(HistogramBuffer,false);
ArraySetAsSeries(HistogramColors,false);

int MACDhadling=iMACD(NULL,0,Fast,Slow,Signal,PRICE_CLOSE);
CopyBuffer(MACDhadling,0,0,rates_total,MACDlineBuffer);
CopyBuffer(MACDhadling,1,0,rates_total,SignallineBuffer);

for(int i=0;i<rates_total;i++)
  {
   HistogramBuffer[i]=MACDlineBuffer[i]-SignallineBuffer[i];
   HistogramColors[i]=1; 
  }


インディケータコントロールのグラフィックシステム作成

このインディケータには5種類あります。

まず、 №3と№4を取り入れます。

3. oSMAヒストグラムのみプロットされます。

4. MACDラインのみプロットされます。

適切なボタンを作成します。

No.4に

ObjectCreate(0,"ShowMACD",OBJ_BUTTON,ChartWindowFind(),100,100);   //creating the button
ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_XDISTANCE,75);              //assign the coordinates
ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_YDISTANCE,5);
ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_CORNER,CORNER_RIGHT_UPPER);  // and an anchor point
ObjectSetString(0,"ShowMACD",OBJPROP_TEXT,"ShowMACD");            // button label 
ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_FONTSIZE,8);
ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_XSIZE,70);                 // size of buttons 
ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_YSIZE,20);
ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_SELECTABLE,false);         // to make it selectable

誤ってボタンを削除した場合、または次のティックで位置が変わった場合、ボタンは元に戻ります。

No.3には

ObjectCreate(0,"ShowOsMA",OBJ_BUTTON,ChartWindowFind(),100,100);
ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_XDISTANCE,75);
ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_YDISTANCE,30);
ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_CORNER,CORNER_RIGHT_UPPER);
ObjectSetString (0,"ShowOsMA",OBJPROP_TEXT,"Show OsMA");
ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_FONTSIZE,8);
ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_XSIZE,70);
ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_YSIZE,20);
ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_SELECTABLE,false);

条件4でボタンが押されるあるいは押されないの場合にそなえ実装を作成します。

これはバッファインデックスの閲覧を要求します。

SetIndexBuffer(0,MACDlineBuffer,INDICATOR_DATA);
SetIndexBuffer(1,SignallineBuffer,INDICATOR_DATA);
SetIndexBuffer(2,HistogramBuffer,INDICATOR_DATA);
SetIndexBuffer(3,HistogramColors,INDICATOR_COLOR_INDEX);
if(ObjectGetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_STATE)!=1)
  {
   PlotIndexSetInteger(0,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_NONE); // the buffer with index 0 isn't plotted
   PlotIndexSetInteger(1,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_NONE); // the buffer with index 1 isn't plotted
  }
else
  {
   PlotIndexSetInteger(0,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_LINE); // the buffer with index 0 is plotted as line
   PlotIndexSetInteger(1,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_LINE); // the buffer with index 1 is plotted as line
  }

MACDラインのみプロットされます。

条件3でボタンが押されるあるいは押されないの場合にそなえ実装を作成します。

if(ObjectGetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_STATE)!=1)
  {
   //the buffer with index 2 isn't plotted
   PlotIndexSetInteger(2,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_NONE);
  }
else
  {
   //the buffer with index 2 is plotted as a color histogram
   PlotIndexSetInteger(2,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_COLOR_HISTOGRAM);
  }

ボタンを2つ作成します。『2色』および『インパルス』、そしてチャートの右下の角に配置します。

ObjectCreate(0,"2color",OBJ_BUTTON,ChartWindowFind(),100,100);
ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_XDISTANCE,75);
ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_YDISTANCE,50);
ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_CORNER,CORNER_RIGHT_LOWER);
ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_FONTSIZE,8);
ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_XSIZE,70);
ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_YSIZE,20);
ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_SELECTABLE,false);
ObjectSetString (0,"2color",OBJPROP_TEXT,"MultiColor");

ObjectCreate(0,"Impulse",OBJ_BUTTON,ChartWindowFind(),100,100);
ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_XDISTANCE,75);
ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_YDISTANCE,25);
ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_CORNER,CORNER_RIGHT_LOWER);
ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_FONTSIZE,8);
ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_XSIZE,70);
ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_YSIZE,20);
ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_SELECTABLE,false);

エルダーシステムによるImpuse確認には、EldersMA値が配置される場所に新規配列を追加します。

そのため、バッファの総数をone.+によって増やす必要があります。

#property indicator_buffers 4

は以下に変更する必要があります。

#property indicator_buffers 5

そして新規バッファを宣言します。

double EldersiEMA[];

それを内部計算用バッファと定義します。

SetIndexBuffer(4,EldersiEMA,INDICATOR_CALCULATIONS);

それでは、バッファに指数移動平均値をコピーします。

// you can do all in single line
CopyBuffer(iMA(NULL,0,EldersEMA,0,MODE_EMA,PRICE_CLOSE),0,0,rates_total,EldersiEMA);

バッファはコピー関数によって取得されるため、そのインデックスはチャート上の他のバッファと同様、チャートのentからです。

ここで、2色OsMAの条件を書きます。

if (ObjectGetInteger(0,"2color",OBJPROP_STATE))
  {
   for(int i=1;i<rates_total;i++)
     {
      // if the histogram rises, the color is set to 0
      if(HistogramBuffer[i] > HistogramBuffer[i-1]) HistogramColors[i]=0;
      // if the histogram falls, the color is set to 1
      if(HistogramBuffer[i] < HistogramBuffer[i-1]) HistogramColors[i]=1;
     }
  }
else
  {
   ObjectSetString(0,"2color",OBJPROP_TEXT,"MultiColor");
   // Here are the conditions for multi-color OSMA
  }

色のインデックスは行で指定されます。

#property indicator_label3  "Histogram"
#property indicator_type3   DRAW_COLOR_HISTOGRAM
#property indicator_color3  DeepSkyBlue,Red,Green

最初の色のインデックスは0です。二色目のインデックスは1、となっていきます。

インパルス システムのバリエーションについての条件を書きます。

if (ObjectGetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_STATE)) // // "Impulse" button is checked
  {
   ObjectSetString(0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Impulse");  // checking for a trend using the MACD-Line
   for(int i=1;i<rates_total;i++)
     {
      // the histogram rises and MACD-line rises
      if((HistogramBuffer[i]>HistogramBuffer[i-1]) && (MACDlineBuffer[i]>MACDlineBuffer[i-1])) HistogramColors[i]=0;
      else
        {
         // the histogram falls and MACD-line falls 
         if((HistogramBuffer[i]<HistogramBuffer[i-1]) && (MACDlineBuffer[i]<MACDlineBuffer[i-1])) HistogramColors[i]=1;
         else HistogramColors[i]=2; // if there isn't any conditions satisfied
        }
     }
  }
else 
  {
   ObjectSetString(0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Elder's");  // checking for a trend using the EMA-line
   for(int i=1;i<rates_total;i++)
     {
      // the histogram rises and EMA-line rises
      if((HistogramBuffer[i]>HistogramBuffer[i-1]) && (EldersiEMA[i]>EldersiEMA[i-1])) HistogramColors[i]=0;
      else
        {
         // the histogram falls and EMA-line falls
         if((HistogramBuffer[i]<HistogramBuffer[i-1]) && (EldersiEMA[i]<EldersiEMA[i-1])) HistogramColors[i]=1;
         else HistogramColors[i]=2;// if there isn't any conditions satisfied
        }
     }
  }

OsMA plotting 条件にインパルスシステム条件を追加します。

if (ObjectGetInteger(0,"2color",OBJPROP_STATE))
  {
   for(int i=1;i<rates_total;i++)
     {
      if(HistogramBuffer[i] > HistogramBuffer[i-1]) HistogramColors[i]=0;
      if(HistogramBuffer[i] < HistogramBuffer[i-1]) HistogramColors[i]=1;
     }
  }
else
  {
   ObjectSetString(0,"2color",OBJPROP_TEXT,"MultiColor");
   if(ObjectGetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_STATE))
     {
      ObjectSetString(0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Impulse");
      for(int i=1;i<rates_total;i++)
        {
         if((HistogramBuffer[i]>HistogramBuffer[i-1]) && (MACDlineBuffer[i]>MACDlineBuffer[i-1])) HistogramColors[i]=0;
         else
           {
            if((HistogramBuffer[i]<HistogramBuffer[i-1]) && (MACDlineBuffer[i]<MACDlineBuffer[i-1])) HistogramColors[i]=1;
            else HistogramColors[i]=2;
           }
        }
     }
   else 
     {
      ObjectSetString(0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Elder's");
      for(int i=1;i<rates_total;i++)
        {
         if((HistogramBuffer[i]>HistogramBuffer[i-1]) && (EldersiEMA[i]>EldersiEMA[i-1])) HistogramColors[i]=0;
         else
           {
            if((HistogramBuffer[i]<HistogramBuffer[i-1]) && (EldersiEMA[i]<EldersiEMA[i-1])) HistogramColors[i]=1;
            else HistogramColors[i]=2;
           }
        }
     }
  }

不要なボタンフラッシュを防ぐ条件を書きます。

if (ObjectGetInteger(0,"2color",OBJPROP_STATE)) ObjectSetString (0,"2color",OBJPROP_TEXT,"2ColorMACD");
else ObjectSetString(0,"2color",OBJPROP_TEXT,"MultiColor");
if (ObjectGetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_STATE)) ObjectSetString (0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Impulse");
else ObjectSetString(0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Elder's")

コードを削除しました。それはボタンのテクストを変えます。

すべてを組み合わせます。

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                            MACD_By_CoreWinTT.mq5 |
//|                        Copyright 2010, MetaQuotes Software Corp. |
//|                                              http://www.mql5.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "2010, MetaQuotes Software Corp."
#property link      "http://www.mql5.com"
#property version   "1.00"
#property indicator_separate_window
#property indicator_buffers 5
#property indicator_plots   3
//---- plot MACDline
#property indicator_label1  "MACDline"
#property indicator_type1   DRAW_LINE
#property indicator_color1  Green
#property indicator_style1  STYLE_SOLID
#property indicator_width1  1
//---- plot Signalline
#property indicator_label2  "Signalline"
#property indicator_type2   DRAW_LINE
#property indicator_color2  Red
#property indicator_style2  STYLE_SOLID
#property indicator_width2  1
//---- plot Histogram
#property indicator_label3  "Histogram"
#property indicator_type3   DRAW_COLOR_HISTOGRAM
#property indicator_color3  DeepSkyBlue,Red,Green
#property indicator_style3  STYLE_SOLID
#property indicator_width3  2

//--- input parameters
input int      Fast=12;
input int      Slow=26;
input int      Signal=9;
input int      EldersEMA=13;
//--- indicator buffers
double         MACDlineBuffer[];
double         SignallineBuffer[];
double         HistogramBuffer[];
double         HistogramColors[];
double         EldersiEMA[];
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function                         |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
  {
//--- indicator buffers mapping
   SetIndexBuffer(0,MACDlineBuffer,INDICATOR_DATA);
   SetIndexBuffer(1,SignallineBuffer,INDICATOR_DATA);
   SetIndexBuffer(2,HistogramBuffer,INDICATOR_DATA);
   SetIndexBuffer(3,HistogramColors,INDICATOR_COLOR_INDEX);
   SetIndexBuffer(4,EldersiEMA,INDICATOR_CALCULATIONS);
//---
   return(0);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnCalculate(const int rates_total,
                const int prev_calculated,
                const datetime &time[],
                const double &open[],
                const double &high[],
                const double &low[],
                const double &close[],
                const long &tick_volume[],
                const long &volume[],
                const int &spread[])
  {
   ArraySetAsSeries(HistogramBuffer,false);
   ArraySetAsSeries(HistogramColors,false);

   int MACDhadling=iMACD(NULL,0,Fast,Slow,Signal,PRICE_CLOSE);
   CopyBuffer(MACDhadling,0,0,rates_total,MACDlineBuffer);
   CopyBuffer(MACDhadling,1,0,rates_total,SignallineBuffer);

   for(int i=0;i<rates_total;i++) { HistogramBuffer[i]=MACDlineBuffer[i]-SignallineBuffer[i];HistogramColors[i]=1; }

   ObjectCreate(0,"ShowMACD",OBJ_BUTTON,ChartWindowFind(),100,100);
   ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_XDISTANCE,75);
   ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_YDISTANCE,5);
   ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_CORNER,CORNER_RIGHT_UPPER);
   ObjectSetString(0,"ShowMACD",OBJPROP_TEXT,"ShowMACD");
   ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_FONTSIZE,8);
   ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_XSIZE,70);
   ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_YSIZE,20);
   ObjectSetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_SELECTABLE,false);

   ObjectCreate(0,"ShowOsMA",OBJ_BUTTON,ChartWindowFind(),100,100);
   ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_XDISTANCE,75);
   ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_YDISTANCE,30);
   ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_CORNER,CORNER_RIGHT_UPPER);
   ObjectSetString(0,"ShowOsMA",OBJPROP_TEXT,"Show OsMA");
   ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_FONTSIZE,8);
   ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_XSIZE,70);
   ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_YSIZE,20);
   ObjectSetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_SELECTABLE,false);

   if(ObjectGetInteger(0,"ShowMACD",OBJPROP_STATE)!=1) 
     {
      PlotIndexSetInteger(0,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_NONE);
      PlotIndexSetInteger(1,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_NONE);
     }
   else 
     {
      PlotIndexSetInteger(0,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_LINE);
      PlotIndexSetInteger(1,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_LINE);
     }

   if(ObjectGetInteger(0,"ShowOsMA",OBJPROP_STATE)!=1) 
     {
      PlotIndexSetInteger(2,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_NONE);
     }
   else 
     {
      PlotIndexSetInteger(2,PLOT_DRAW_TYPE,DRAW_COLOR_HISTOGRAM);
     }

   ObjectCreate(0,"2color",OBJ_BUTTON,ChartWindowFind(),100,100);
   ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_XDISTANCE,75);
   ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_YDISTANCE,50);
   ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_CORNER,CORNER_RIGHT_LOWER);
   ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_FONTSIZE,8);
   ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_XSIZE,70);
   ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_YSIZE,20);
   ObjectSetInteger(0,"2color",OBJPROP_SELECTABLE,false);
   ObjectSetString(0,"2color",OBJPROP_TEXT,"MultiColor");

   ObjectCreate(0,"Impulse",OBJ_BUTTON,ChartWindowFind(),100,100);
   ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_XDISTANCE,75);
   ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_YDISTANCE,25);
   ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_CORNER,CORNER_RIGHT_LOWER);
   ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_FONTSIZE,8);
   ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_XSIZE,70);
   ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_YSIZE,20);
   ObjectSetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_SELECTABLE,false);
   ObjectSetString(0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Impulse");

   if(ObjectGetInteger(0,"2color",OBJPROP_STATE)) ObjectSetString(0,"2color",OBJPROP_TEXT,"2ColorMACD");
   else ObjectSetString(0,"2color",OBJPROP_TEXT,"MultiColor");
   if(ObjectGetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_STATE)) ObjectSetString(0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Impulse");
   else ObjectSetString(0,"Impulse",OBJPROP_TEXT,"Elder's");

   CopyBuffer(iMA(NULL,0,EldersEMA,0,MODE_EMA,PRICE_CLOSE),0,0,rates_total,EldersiEMA);

   if(ObjectGetInteger(0,"2color",OBJPROP_STATE))
     {
      for(int i=1;i<rates_total;i++)
        {
         if(HistogramBuffer[i] > HistogramBuffer[i-1]) HistogramColors[i]=0;
         if(HistogramBuffer[i] < HistogramBuffer[i-1]) HistogramColors[i]=1;
        }
     }
   else
     {
      if(ObjectGetInteger(0,"Impulse",OBJPROP_STATE))
        {
         for(int i=1;i<rates_total;i++)
           {
            if((HistogramBuffer[i]>HistogramBuffer[i-1]) && (MACDlineBuffer[i]>MACDlineBuffer[i-1])) HistogramColors[i]=0;
            else
              {
               if((HistogramBuffer[i]<HistogramBuffer[i-1]) && (MACDlineBuffer[i]<MACDlineBuffer[i-1])) HistogramColors[i]=1;
               else HistogramColors[i]=2;
              }
           }
        }
      else 
        {
         for(int i=1;i<rates_total;i++)
           {
            if((HistogramBuffer[i]>HistogramBuffer[i-1]) && (EldersiEMA[i]>EldersiEMA[i-1])) HistogramColors[i]=0;
            else
              {
               if((HistogramBuffer[i]<HistogramBuffer[i-1]) && (EldersiEMA[i]<EldersiEMA[i-1])) HistogramColors[i]=1;
               else HistogramColors[i]=2;
              }
           }

        }
     }

//--- return value of prev_calculated for next call
   return(rates_total);
  }
//+------------------------------------------------------------------+

アルゴリズムのブロック図は図4として示しています。

図4 インディケータアルゴリズムのブロック図

図4 インディケータアルゴリズムのブロック図

結果は図5~図7に表示しています。

図5

図6

図7


おわりに

本稿は、価格のコンピュータ分析を使ったマーケット学習と簡単なインディケータのグラフィカルコントロール手法の実装を学習する初心者のためのガイドとみなしていただけます。

本稿がみなさんのグラフィカルコントロールシステム製作の技術スキルを伸ばし、余計なものを表示しないことで 独自の『市場ビジョン』の発見に役立つことを願っています。

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元の記事: https://www.mql5.com/ru/articles/42

添付されたファイル |
MQL5におけるイベント操作: オンザフライのMA期間変更 MQL5におけるイベント操作: オンザフライのMA期間変更

期間13の単純なMA(移動平均)インディケータがチャートに適応されているとします。期間を20に変更したいと思いますが、インディケータ プロパティ ダイアログボックスに移動して数字を13から20に変更したくはありません。マウスとキーボードを使ってこのような操作をするのは飽き飽きです。それも特にインディケータコードを開いてそれを変更したくありません。ボタン、すなわちテンキーの隣にある『上矢印』を一度押すだけでやってしまいたいのです。本稿ではそのやり方について述べていきます。

MQL5: MetaTrader5における、分析と商品先物取引員会レポートの処理 MQL5: MetaTrader5における、分析と商品先物取引員会レポートの処理

この記事では、CFTCレポート分析ツールを開発していきます。以下の問題の解決を図っていきます:中間処理や変換なしに、公正取引委員会からのCFTCレポートデータの直接使用を可能にするインジケーターの開発という点です。さらに、これとは異なった目的のために使用することができます:トレーディング戦略の実行においてエキスパートアドバイザーを使用する際に、自動的な分析を作動するスクリプトにおいて、インジケーターを作図し、そのほかのインジケータをデータとして図示することもできます。

MetaTrader 5とMATLABの連携 MetaTrader 5とMATLABの連携

本稿はMetaTrader 5とMatLab数学的パッケージの連携について詳しく述べていきます。それは、データ変換のメカニズム、デスクトップMatLabとの連携のためのユニバーサルライブラリの開発手順をさします。またMatLab環境で生成されるDLLの使用についても述べていきます。本稿は C++ 言語とMQL5をご存じの経験者を対象としています。

初心者のための複数インディケータバッファの作成 初心者のための複数インディケータバッファの作成

複雑なコードは一組の簡単なコードから構成されます。簡単なコードに慣れていれば、複雑なコードはそれほど複雑に見えません。本稿では、複数のインディケータバッファによって1件のインディケータを作成する方法について考察していきたいと思います。例として、アルーンインディケータを細かく分析し、2つの異なるバージョンのコードを提示します。