• 概要
  • レビュー
  • コメント

Control risk panel

コントロールリスクパネルインジケータは、アカウントの取引のステータスを監視するための情報パネルです。 オープン注文に関する情報は、三つのタイプのグループの選択肢を持つポジションの形で提供されます:
1. ない分類-表示に最小の位置のシンボルを使用することを推奨すための一般的評価の状況
2. マジックナンバーによってシンボルごとの位置をサブグループごとにグループ分けします。
3.マジックナンバーの位置をシンボルによってサブグループにグループ化し、ペアのトレーディングを監視するために使用することが推奨されます。



パネルが提供する情報:

Chart-ポジションをオープンするトレーディング商品のチャート(シンボル)の名前
魔法-魔法の数
Lots-ポジションの合計ボリューム
BU_Point-損益分岐点レベルに達するポイント数
TP_Point-テイクプロフィットに達するまでのポイント数
SL_Point-ストップロスに達するまでのポイント数
IF_TP-テイクプロフィットによる決算時の見積財務結果
IF_SL-決算期における業績の見積り
V_for_BU-開くために必要な位置を計算しました,TakeProfitの近くで損益分岐を得ることを目的と
Loss_Point-インジケータ設定で指定されたポイント数を考慮して計算された損失
IF_Close-リアルタイムでポジションをクローズする際の見積財務結果

ダッシュ:
Select_Variant-構成オプションの選択
シンボルのみ-シンボルの折りたたみ位置を示します
記号でグループ化-マジックナンバーの記号グループの位置をグループ化します
グループ化ファスナー<マジック番号グループの位置をマジック番号へのサブグループによる文字
利益オーダーのみ表示-利益のポジションのみ表示
Loss_Pointを計算する値-ポイントは最大ポジション損失(すべてのオープンオーダーの平均値によって計算される)を示し、ストップロスがない場合には、好まし
テーブル内の行数-テーブル内の行数
自動スクロール時間(0-off。)-オートスクロール時間(0-オフ。)
自動スクロールステップ-自動スクロール
フォント-サイズ
表のセルの高さ(px)-表のセルの高さ(px) 
テーブルセルの幅(px)-テーブルセルの幅(px)

注目!

残念なことに、表示が正しく動作しませんの戦略試験はあった方がいいと思いま賃貸では月に製品の評価です。
レビューなし