新興市場株のMSCI指数、エネルギー株安く2カ月ぶり安値

新興市場株のMSCI指数、エネルギー株安く2カ月ぶり安値

7 12月 2015, 15:10
Yamaguchi Katashi
0
78

新興市場株は7日、2カ月ぶりの安値近くに下落した。エネルギー関連株が値下がりし、米雇用統計が予想を上回ったことで米利上げ観測が高まったため。

MSCI新興市場指数は香港時間午後2時8分(日本時間同3時8分)現在、前週末比0.1%安の811.65 と、4営業日連続の下落。年初来では15%も下がっている。韓国ウォンは1カ月ぶりの大幅安。マレーシア・リンギットは上昇した。

中国海洋石油(CNOOC)は香港市場で4%安となり、石油輸出国機構(OPEC)が原油価格をコントロールするため生産を制限する戦略を実施しないとしたことを受け、原油相場は1バレル=40ドルを割った。台湾積体電路製造(TSMC)は台北市場で2.1%の上昇となった。

それを友達とシェアしてください: