異常破裂したタカタ製エアバッグ部品、国が使用停止指示

異常破裂したタカタ製エアバッグ部品、国が使用停止指示

4 12月 2015, 15:05
Yamaguchi Katashi
0
358

タカタで大量リコール回収やエアバッグ部品の問題で、国土交通省は4日、タカタや国内自動車メーカーなどに対し、国内でエアバッグが異常破裂して負傷事故を起こしたインフレーター(ガス発生装置)と呼ばれる部品の使用停止を指示すると発表した。被害の拡大を防ぐのが狙い。

問題の部品はエアバッグを膨らませる火薬原料に硝酸アンモニウムを使ったインフレター2種類で、2011年9月以降、異常破裂が14件起き、今年10月には追突事故を起こした車の助手席に乗っていた女性がけがをした。このため、各自動車メーカーは、新車への搭載をただちに中止を決めた。交換部品が12月に来年に使用を中止するよう命じとして交換部品の供給は、月に来年中に現在生産中、車を維持することはできなため、リコールは、国内だけで1171万台に達しました。

インフレ・コンポーネントは、問題のエアバッグ膨張させるために硝酸アンモニウムの爆発物を原料を使用していた 20119月以来ター2、中に、異常な破裂が1410月に追突事故を起こした車の助手席に発生し、今年の女性人負傷した中に乗っていました。

タカタ製エアバッグ部 品の欠陥問題で、米国で7人死亡し、負傷者約130人が出ている。米国当局は、高温多湿に弱い異常な破裂がインフレ引き起こす特定の硝酸アンモニウムの恐怖を使用していた- ターのに強く高田の注文の停止を要求することで合意された。タカタは、乾燥剤が含まれていないインフレターに破裂の恐れがあるため、18年末まで に生産を段階的に中止する。すでに国内の主要自動車メーカーは、米当局の指令を踏まえ、硝酸アンモニウムのインフレターを使わない方針を打ち出している。

それを友達とシェアしてください: