国際通貨基金(IMF)は世界の準備通貨バスケットに人民元を含めた

国際通貨基金(IMF)は世界の準備通貨バスケットに人民元を含めた

1 12月 2015, 12:52
Kadze
0
133

月曜日に、国際通貨基金(IMF)は、特別引出権のバスケットに人民元を含めることを決定した。このことにより、世界的な経済システムに中国経済の大きな重みを認識し、グローバルな通貨配分の機会を発見した。

このように、元はドル、ポンド、ユーロ、円の相手方となった。これらの通貨はすべて、特別な支払いを形成するために結合IMFを意味する 特別引出権(SDR)。バスケット構造は5年間ごとに一回行われる。

決定は、201610月から有効になる。 人民元のバスケット内のウエイトが( 37.4現在)10.92になることが想定される。人民元は、現在ユーロの37,4%.ウエイトを大幅に30,93%まで切断する。米ドルは依然として41.73とバスケット通貨の中で最も重大のままで。そしたら、円とポンドは8.338.09を分類される。

決定は誰にとっても驚くことはなかった:夏すでにIMFのチーフ、クリスティーヌ・ラガルドは被写体に好意バスケットの中国の通貨が存在することを表明した。 11月とラガルドIMFの専門家では再びエリートクラブで元を含めることを勧めた。

これを行うには、IMFは潜在的な準備通貨を評価するための基準の一部を犠牲にしなければならなかった。人民元は一つの要求に紛れもなく満たしている。それは、国際貿易の発行国の偉大な重量だ。しかし、自由な流通(国際取引で広く使用、中央銀行の公式外貨準備の可用性、主要な通貨市場での積極的な治療)の基準は最後まで実行されない。唯一の準備通貨、国際市場での自由な流通を持っていないが、それは為替レートをペッグ厳格にしている これまでの元があるという事実。債券市場で、世界の中央銀行の利用における借入の手段として、人民元オーストラリアとカナダドルに劣っている。外貨準備で人民元のシェアは1僅か.1%となっている(ドル比  63.7%)。

しかし、8月に国際収支における元のシェアは歴史の中で初めて増加しているが、日本の円をバイパスすることができた。月レポートによって、人民元は世界の最も使用される通貨のリストに第四、ドル、ユーロ、ポンドの次となる。

現在、中国は人民元の自由な流通を確保するための積極的な措置を取っている。国内市場への外国人投資家のアクセスや債券市場の自由化、立法行為のシリーズがある。しかし、このすべて - まだ「実行中」されていない新鮮な措置。

多くの財団の決定があるため、IMFは政治的な理由のために中国に行っている譲歩多数の批判される。中国は金融機関、代替IMFと世界銀行の数を作成するために開始した(AIIB)ことを忘れることはいけない。

現在までに、中国  購買力平価で世界最大の経済、中国よりもIMF国際通貨基金(IMF)が必要だ。これは、多くの外交官や経済学者によって示されている。元は同じパラメータで場所その他の通貨であった場合、それはSDRを「エリートクラブ」に侵入することができなかった。

現時点では、IMFは更なる自由化の改革のために北京に努めている。それは資本規制を減らすと、為替介入を中止為替介入と、元の市場のプロセスを調整することができるよう改革。

米国は昨日では、組織のワーキンググループが元で計算を実行する。これが取引コストを削減し、中国・アメリカとの貿易関係の発展を支援する必要となる。


それを友達とシェアしてください: