APEC首脳会議 首相「TPP軸に経済統合を」

APEC首脳会議 首相「TPP軸に経済統合を」

19 11月 2015, 11:35
Yamaguchi Katashi
0
64

フィリピンで開かれているAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議は、19日、実質的な議論が行われ、安倍総理大臣は最初の全体会合で、TPP=環太平洋パートナーシップ協定を基軸に地域の経済統合を積極的に進めたいという考えを示しました。

APEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議は、日本時間の19日午後0時半ごろから、地域の貿易や投資の自由化を目指す枠組み作りなどをテーマに最初の全体会合が始まり、実質的な討議に入りました。
この中で、安倍総理大臣は、日本経済の現状について、「まだデフレから脱却と言い切れるところまできていないが、かなりいいところまできている」と述べて、一億総活躍社会の実現などを通じて強い日本経済を実現し,アジア太平洋地域の経済成長に貢献する考えを示しました。

そして、安倍首相は「経済で の法の支配の強化こそが、質の高い成長と繁栄にとって重要なことであり、私が今回訴えたいキーワードで、このことを具体的に推進したい」と述べました

た、安倍総理大臣は「先月、大筋合意したTPP=環太平洋パートナーシップ協定によって作られる新たな経済秩序は、FTAAP=アジア太平洋自由貿易圏に おいてルール作りのたたき台となる」と述べ、TPPを基軸に地域の経済統合を積極的に進めたいという考えを示しました。最後に安倍総理大臣は、フランス での同時テロ事件を取り上げ、「パリでのテロ事件はまだ終わっていない。テロリズムは、我々は非難され、より多くの経済活動への脅威だけでなく、共有する価値への挑戦し、国際社会と密接に協力してテロ対策に取り組む考えを示しました。

「TPPの大筋合意でFTAAPの実 現に向けて大きな一歩が刻まれた」という意見の一方で、一部からは「さまざまな経済連携の枠組みを通じて地域の連結性を強化していきたい。FTA=自由貿 易協定がFTAAPにつながる」などという指摘も出されました。この後、地域全体の成長サミットはの持続をテーマに全体会合が開かれ、夕方には議論の一連の結果を組み込んだ首脳宣言を採択することにしています。

それを友達とシェアしてください: