世界の石油産業への投資は2年落ちる

世界の石油産業への投資は2年落ちる

16 11月 2015, 08:08
Kadze
0
78

国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル常務取締役は、中東が今後数十年の石油市場に不可欠になっていると述べた。

30年ぶりに世界の石油産業への投資は、2年連続で減少する。2015年には、減少は20%以上となり、来年継続すると国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル常務取締役はG20サミットの一環として記者会見で発表した。

今年は20%以上の石油投資の減少が表示される。来年は再び石油投資の削減が表示される。このように2年連続の石油投資の削減、過去30年間に見たことがなかった。

低価格は、より「クリーン」エネルギー技術への移行を遅らせる、ビロルは述べている。また、低価格の長い持続性は、他の結果をもたらす可能性がある。

中東が今後数十年の石油市場に不可欠になっているとIEAのファティ・ビロル常務取締役は述べた。原油価格は、長年にわたって非常に低いままならば、北米、ブラジル、アフリカ、ロシアの石油の生産削減の可能性があるため、中東からの石油輸出のシェアが増加していく。

今世界の石油輸出の約55%が中東を占めている。価格は50ドルのレベルで推移した場合、この数字は世界的な輸出の75%に上昇し、専門家は述べています。

「それは特に、自分自身を見つけるている現在の地政学的な状況との関連で、非常に重要だ。このようなイラク、シリア、リビア、イエメンなどの地域の一部の国では、困難な時期を通過する。したがって、10年以上にわたって非常に低原油の価格は原油と地政学がより多くの相互接続になることは、石油市場の安定性とセキュリティにとっては良くないニュースであるかもしれない」とビロルは発表した。
それを友達とシェアしてください: