ヨーロッパ中央銀行の総裁により欧州の取引所は下落で取引終了

ヨーロッパ中央銀行の総裁により欧州の取引所は下落で取引終了

13 11月 2015, 14:44
Yamaguchi Katashi
0
147

ヨーロッパの主要株価指数は、マリオ・ドラギECB総裁の欧州レギュレータの将来の金融政策のコースについての発表を背景に木曜日の取引は下落して終了した。

木曜日の取引結果で、英国のFTSE100指数は1.88%下がり、6178.68ポイントとなった。ドイツのDAX301.15%減少、10782.63まで下がり、フランスのCAC401.94%減少、4856まで下がった。 

トリシェ総裁は欧州議会で再び12月の会合で経済をサポートするために、制御の程度を検討する意向を確認した。以前ドラギは、1026日にECBの最後の会合の終わりにこれについて話した。この文は、投資家の期待が特に世界的な経済成長の減速、貿易やインフレのリスクに照らして、領域で動作し、量的緩和プログラムを拡大強化した。

「ドラギこれは大陸のユーロと株式市場の別の減少につながったユーロ圏での量的緩和プログラムを高めるためのヒントを与えて... ECB12月の会議を参照するために続けている」- ステートメントのアナリスト、IGクリスビーチャム(クリス・ビーチャム)ポータルウェブフィナンシャルグループが引用している。

アジアの株式取引は、混合終了した

木曜日のアジア太平洋地域の証券取引所での取引は重要な指標の多方向変化で終わった。

前の終わりに比較して19697.77ポイント上がり、日本の日経2250.03%を得た。ハンセンは22888.92ポイントに2.4%の増加となった。上海証券取引所SSEコンポジットの指標が0.48%に下落して、3632.9ポイントとなった。

それを友達とシェアしてください: