ロンドン金融街シティーにもいるEU離脱派、失うものないと確信

ロンドン金融街シティーにもいるEU離脱派、失うものないと確信

12 11月 2015, 08:58
Kadze
0
90

金融業界の人々とロンドンの企業幹部は、警告を表示し、英国、欧州連合(EU)の撤回を選択した場合は重大な結果につながる。混乱縮小貿易、恐怖と金融街シティー事業として、世界の金融センターの経済的機会は減少する。

しかしリチャード・タイス氏(51)はそうは思わない。不動産投資会社イカネット・キャピタル・パートナーズ(CEO)、彼はあるの最高経営責任者(CEO)に仕え、言う、「私はそこに市民の最大のリスクは死につつあり市民のためにならないものの中にとどまることだ」と言う。 1990年代にパリで2年間住んでい彼、イギリスや文化が完全に異なっているという感じでヨーロッパ大陸、それは分割によって大陸を英国に何も失うものがないことを確信していたと破りました。

英国の少数のEU離脱サポートを公言金融業界。また、大多数に対する大企業の周りの企業幹部は、EUの撤退です。取締役会4は、1259人の会員ターゲットにする - 月を通じて行われた調査では、3分の残差の2の利点は、それがマイナス点よりそのより多くの考えを示しました。大企業に合わせた場合は、71%がそう答えた。

これに対し、中小規模でそれほど国際志向でない企業には離脱派が多い。このグループは、自分たちの見方が英国民の、そして英経済の中心的な意見を反映していると論じる。

それは、このような1980年代のような自由と起業家精神に満ちていたことを後半にサッチャー元首相のバック時代の資産運用会社ショアキャピタル氏ハワード・ショア、執行委員長は、金融業界の規制緩和やアウェイEUそれを高度な来ると考えられています。

同氏が資金を出し中小企業601社の経営者を対象として今年行われた調査では、41%がEUは事業の妨げになっていると回答した。

それを友達とシェアしてください: