原油価格は、需要の状況の背景に異なる方向に変更された

原油価格は、需要の状況の背景に異なる方向に変更された

10 11月 2015, 09:17
Yamaguchi Katashi
0
54

北海ブレントブレンド12月先物のコストはバレル当たり48.33ドルに上昇した。同時にWTI原油先物の価格がバレル当たり43.92ドルに低下した。

世界の原油価格は、多方向ダイナミクスを表している。取引所によると、一方では、OPECの予測を背景に月曜の夜2016年には「黒い金」の需要の強化を示し、他方、提供の「過剰」のデータも含まれている。

時点で、ブレント原油の北海石油の12月先物の価格でとしては0.03%上がり、 バレル当たり48.33ドルまで上昇。 同時にWTI原油先物の価格は0.77%下がり、 バレル当たり43.92ドルまで値下がった。

月曜日のサポートとなったのは、OPEC事務局長アブドラ・アルバドリーは「黒い金」の需要が成長しているから、2016年に石油市場がよりバランスのとれなることを期待していると声明した。

しかし、米国からの最近のデータは、オイルの供給過剰を示し続けている。このように、米国エネルギー省によると、1030日に終了した週の国の商業石油埋蔵量は4.828億バレルに、2847000バレル、0.6%増加した。

「現時点では油の強力な強化を待つことは困難である。ファンダメンタルズからのサポートがない限り、価格のいずれかの上昇は限定される。」ING銀行のアナリストは語った。

それを友達とシェアしてください: