前場の日経平均は412円高、約2カ月半ぶりに1万9600円回復

前場の日経平均は412円高、約2カ月半ぶりに1万9600円回復

9 11月 2015, 12:09
Kadze
0
72

東京(ロイター)-東京株式市場の前場、日経平均株価大幅4続伸し、前営業日比412円高い79銭の¥19678 39銭。取引時間中の821日以来、しかし、2ヶ月半程度初めて¥19,600レベルを回復した。


前週末発表された10月米雇用統計の良好な内容を受け12月米利上げ観測が強まり、急速に円安が進行したことを好感。輸出株中心の膨らみに購入することが期待された米国経済の回復が先行した。保険、また銀行などの金融セクターは、金利上昇によって買われた。


富士重工(7270.T)が上場来高値を更新。オリンパス(7733.T)と一時的に販売を停止するために買ったが、強力なパフォーマンスラインへの資本流入が顕著でした。市場は、中央銀行の証券本店営業部副の肇中島(それは外国人が日本株を見直す動きが出ているようです。性能の上方修正が増加している、輸出企業の想定レートを超える円安水準になる」との声が出ていた。


1598値上がり銘柄と比較して、東京証券取引所市場第一部の騰落数は、64銘柄だっ変わらず、248銘柄をドロップする。

それを友達とシェアしてください: