マザーズ指数が5日ぶりに反転、下落、ミクシィなどの株価が売られ指数が下落

マザーズ指数が5日ぶりに反転、下落、ミクシィなどの株価が売られ指数が下落

6 10月 2015, 15:34
Yamaguchi Katashi
0
27

今日のマザーズ市場は、中小型株への動きが引き続いて活発となった。しかし、ミクシィやサイバダインなどの時価総額の大きい銘柄について高値感があったため利益確定売りの動きが強まり、指数が下落した。マザーズ指数は5日ぶりに反転・下落し、前日回復した800ptを再び下回った。その一方、売買代金は約931.40億円と、前日に引き続き1000億円に近い水準だった。騰落数は、値上がり116銘柄、値下がり85銘柄、変化なし13銘柄だった。個別では、ミクシィやサイバダイン以外に、PCIHD、ジグソー、FFRI、WSCOPE 、テラスカイなどが伸び悩み、また、前日に大幅に上昇したトランスGやアイビーシーがマザーズ下落率で上位となった。その一方、マザーズ売買代金が一番多いベステラ、OTS、SoseiG、アスカネット、モルフォなどは安定していた。また、PCNET、ファーマF、サイジニア、AMBITIOはストップ高となり、コラボスや駅探も10%以上株価が上昇した。

 

それを友達とシェアしてください: