イギリスのPMI発行後にGBP/ USDの下落

イギリスのPMI発行後にGBP/ USDの下落

5 10月 2015, 14:52
Yamaguchi Katashi
0
27

月曜日に、ポンドは対米ドルで上昇を低減している。この原因は先月のサービス部門の活動は予測外、より遅いペースで拡大したがらです。これは経済の強さについて楽観を損ないます。

ヨーロッパの午前の取引、対英ポンド USDは今日変わらず、1.5183のレベルまでなり、925日からの1.5244ピークからを後退しました。

GBP/USD は金曜日最小の1.5123でサポートを見つけ、そして金曜日最大の1.5261で抵抗線となる可能性があります。

研究グループマークイットは、英国のサービス部門の事業活動(PMI)のインデックスは、前月の55.6からの9月の53.3に落ちたことを述べました。アナリストは、インデックスが先月56.0に上昇すると予想していました。

金曜日の米労働省の報告によると、先月経済学者は203000ワークスペーを期待していたが、実際に142,000だけのワークスペーを新規作成された。しかし、ドルの需要が圧力の下に残りました。

8月の図は、最初の173000から135000まで修正されました。

月の平均時給は変更されていないし、経済活動人口の割合は8月の62.6%に比べて62.4%に減少しました。失業率は予想通りで、5.1%で変わりませんでした。

世界の経済成長の減速懸念が増加米国経済にも関わる恐れがあります。それに従って、投資家は2016年の年始の連邦機関の金利引き上げの条件を修正しました。

EUR/ GBP0.74120.42%を獲得したとスターリングは、ユーロに対して下落しました。

ユーロ圏では、前にマークイットは、フランスでのサービスPMI51.2から51.9に上昇し、ドイツでのサービスPMIは、8月の54.3から9月に54.1に落ちたことを報告しました。

マークイットによるユーロ圏全体のサービス部門のPMI8月の54.0から53.7先月に落ちました。

それを友達とシェアしてください: