Avals  
noise:

論理的には大まかなやり方は決まっているのですが、あとは実装するのみです))

これは私の考えですが、例えば一定の確率密度関数 の値 vs 時間で、MO =0 のノイズを発生させます。次に何らかの微分(C(t)-C(t-1)またはO(t)-C(t)または平均)を計算し、FIから一連の微分にノイズをフィッティングし、振幅に応じたMOと確率密度は FIに対してほぼ正規化されます。混合物を作り、個々のセクションの長さをランダムにして順次、その増分から累積プロットを計算する。 そうすると、「継ぎ目」がなくなり、1つの楽器のように見えるようになる。しかし、ある場所にはパターンがあり、ある場所にはパターンがないでしょう。

単純に、実数列をとって、0.5 の確率でローソクをひっくり返すのと、0.5 の確率でそのままにしておくのと。反転させるとは、Close、High、Lowの増分値の符号を変えることです。

このような系列のボラティリティ構造は実系列のそれと似ているが、方向はランダムである。

noise  
Alex_Bondar:

おめでとうございます。

青色SB、赤色CVR。鍵は付属しています。

行をありがとうございました。

グニア

筆者からそうでした。どちらかというと、数字でバージョンを添付。

アヴァルス

単純に、実物の列を取り、確率0.5でローソクを反転させ、確率0.5でそのままにしておく。反転させるとは、Close、High、Lowの増分値の符号を変えることです。

このような系列では、ボラティリティの構造は実際の系列と同様に保たれるが、方向はランダムとなる

ええ、オプションとしてね。その目的は、ボーナステストの信頼性を最大化するために、どのような最小限のシリーズ数でボットをテストし、その結果をどのように解釈するかを理解することである。

まあ、一般的には、自分に合った信頼性の尺度で、おおよそボットの遠隔検証という方法に行き着くのですが。

ファイル:
str2dig.zip  4814 kb
Sergey Petruk  
papaklass:


群衆が今何をしているのか(買うか売るかの2択しかない)を整理して、その逆をやること。)

群衆って?
Алёша  
papaklass:

求道者の皆さん、市場には一つの定説があります。

群衆が今何をしているのか(買うか売るかの2択しかない)、その逆をやればいい。)

このメタ原則は、すべてのロールバック戦略の根底に暗黙のうちに存在する。オシレーターで形式化。

発振器の仕組みを理解すれば、その共通因子を見ることができ、それは離散級数の2階微分に類似しています。単純に、「加速度」みたいなものですね。我々は、 "速度 "によってではなく、 "加速 "によって行動すべきである、群衆は一次導関数である - "速度"、それはしばしば(トレンド指標によって 決定) "加速 "が反対側に向けられ、我々は終了またはフィルタの遅れを考慮して、上に回す必要がある場合に明らかになる。だからこそ、トレンドに逆らっているように見えるが、実はそう見えるだけで、状態の検出が遅れているためで、「加速」が検出されると、実は極限状態であったり、マイクロトレンドの始まりであったりするが、それがいつまで続くかは神のみぞ知る、である。SBにとって、このような技術は無意味なのです。

tsvrの場合、何が理にかなっているかということに関しては、統計学しか答えようがない。

Алёша  
papaklass:

私は例外を気にしないので、この特定の状況について話すことはしませんが、一般的には。

平均よりも頻繁に発生する、あるパターンの状態の後に発生する価格変動ポテンシャルのみを考慮する必要があります。

トレンドの反転/強化/減少/継続を引き起こすが、特定できない(ベクトルとして形式化されない)、あるいはクラスタ化できない構造は、考慮しても意味がない。

ローソク足2本と出来高ではベクトルが小さすぎるので、このような状態での結果の統計を取れば、確実にランダムな結果になります。私の少ない経験では、最低でも10個、できれば30個近い部品が必要です。

また、OSとの関連性についても言及する価値があります。私は長い間、キャンドルを信用していませんでした。そして、ボリュームの機能はそのソースに依存し、常に変化していること。


一般的には、TzVR上でパターン、クラスタリング、ファインディング、ベンチマークとの比較をどのように記述するかがこのトピックの本質です。

しかし、この話題ではまだ誰もまともなことを言っていないので、その理由はお分かりいただけると思います。

noise  

この写真、すごく気になる...。

一般的にネクスは、データを明確に表現してくれるのが良いですね。また、ガラスのデータ(level2)も同じように、桁がそれほど早く脳と相互作用するわけではないので、同じように表示する必要があります。

何かを探すためには、まずデータを便利に見せることが必要だと思うのです。

Vasiliy Smirnov  
papaklass:

実は、私の投稿は、パターンではなく、心理(群集心理)に関するものです。

この例では、現在市場に存在するムードを特定する一つの可能性を示しました。この評価の基準は、誰もが自分自身で決めなければなりません。しかし、「クラウドは必ず負ける」という法則は変わりません。


「群衆は常に負ける」と、フレッド・ケリーは1930年の株式市場に関する著作の中で書いている。普通に振る舞うからいけないのです。

m.butya  
papaklass:

観客はいつも負ける !

実は、群衆は市場であり、砂が砂場であるように、群衆が常に間違っているということは、市場が間違っているということであり、これは「市場は常に正しい」という仮定と矛盾しているのです。

もし、明らかな傾向について、人は反対の方向に行動しなければならないと言うなら、お互いに同意しなければならない。しかし、ここでもタイムフレームなど、いろいろなニュアンスがあります。これは1分足には当てはまらないが、少なくとも1時間足からはこのようなパターンを語ることができる。

トレンドはどのように判断 するのですか?遠回りをしたとき。ただ数時間上がるだけでなく、前のチャンネルの境界を越えても止まらないときは、すべてのストップとマージンコールが発動して火に油を注いだ状態になっているのです。まあ、これはだいたい最後の充電で、修正するか崩れるかです。

モラルとは何か?まず、チャンネルを突破されるのを待たないことです。第二に、前述したように、値動きの最初の兆候を考慮することである。

どの時間帯が自分にとって都合がよく、試験で統計的に優位に立てるかを定量的に計算する。

だから、群衆は間違っているはずがないのです。初期衝動に続く部分がおかしいのです。初期衝動を生み出すのは、クリームを取る部分です。

単体での勢いは現れないし、マーケットメーカーも流動性が大きいのでFXでは作れない。タイミングよく投入できるのは、火花だけ。火種を認識し、火をつけた者が勝者なのだ。

Сергей Криушин  
m.butya:

モメンタムはそれ自体では発生しないし、マーケットメーカーも流動性が高いFXでは発生させることができない。タイミングよく投入できるのは、火花だけ。火種に気づき、火をつけた人が勝者なのです。

最近、オバマ大統領暗殺未遂の記事を流して、市場が一瞬にして暴落しました。では、ここにいる皆さんはどこで火種を認識し、「火をつける」のか、その上で観客はどれだけ損をしたのか。法律も何もない、パズルすらできない。私は50/50の確率とティックの先端に直感的に同意する(何とか歩かないように群衆と、感情に従っていない、フィボナッチ レベルと一緒にトレンドの継続を信じること)。直感、これはトレーニングの年とすべての市場の動きとの相互依存関係の絶対的な知識が付属しており、これも最高ではありません - あなたは、任意のコンピュータよりも速く、スーパーメーターでなければなりません。これが幸運な3%の市場です。そんな多通貨のインターファンド、すべてのニュースを先取りすることこそが、私たちに必要なことなのです。そして、オバマのニュースにこれほど早く反応するようでは、すでに誰かが持っているようだ。プログラムはそれほど複雑ではなく、「Trading Chaos」-「相場と踊る」(c)に書かれているように、3~4種類の主要通貨、3~4種類の証券取引所、出来高、時間、ニュースを追い、すべてのペアで相互の移動アルゴリズムを設定するだけでよいのです。そして、フルグラで満足することでしょう・・・頑張ってください。
m.butya  
chipo:

何を言っているんだ、「即席」なのか!?どのようなバーで考えているのですか?そしてとにかく、とても小さな揺れだったのです。

そして、「カオスの取引」については、心理学者のデマゴギーです。 彼の「ワニ」はフェイです!すでにラグがあるマッシュアップを前にずらすのは天才的です特に20年間実践してきた成果として。