日本の総理大臣は、リーマン ・ ブラザーズ危機の症状

日本の総理大臣は、リーマン ・ ブラザーズ危機の症状

30 6月 2016, 01:25
Jose Lourenco Claudio Junior
0
628
日本国総理大臣の安倍晋三は、他の指導者とセッション中に 26 と 27 日、ある新聞によるとリーマン ・ ブラザーズの倒産で 2008 年の第 2 半分のパワーを解き放つのと同様大きさの新たな危機の危険性を示唆するデータ 『 日経 』 と日本で開催される G7 の指導者を警告しています。安倍晋三は、国際通貨基金 (IMF) のデータが 2014 年 6 月と 2008 年 7 月と 2009 年 2 月米国銀行の崩壊の間減少に伴い、2016年 1 月間に 55% の原材料の価格の落下を示すことを思い出した。

 また、日本の総理大臣のエマージング諸国の経済成長のペースで会議への関心の中に表現。

 「G7 の首脳は、現在の状況、危機ではない意見があったが新興経済が深刻な状況で、彼の意見を表明した「広重瀬古日本政府副報道官は言った。

 安倍晋三を 2 番目の計画された付加価値税の上昇に着手する、上昇率 10% に 8% から今日、来年の 4 月にリーマン ・ ブラザーズや自然災害の崩壊によって引き起こされるそれに類似した意義の金融危機があった場合を除きと誓っていた。
それを友達とシェアしてください: