実質GDP改定値、設備投資のぶれが上方修正に寄与=麻生財務相

実質GDP改定値、設備投資のぶれが上方修正に寄与=麻生財務相

8 12月 2015, 07:06
Kadze
0
75

火曜日に麻生太郎財務相の記者会見後の閣議で、2015年の79月の国内総生産の期間(GDP)修正値は、設備投資の年間読書あたり1.0%の成長に上方修正されたこと違っていた。1.0%の増加にぼやけのおかげでなったこと(資本支出)の認識を示した。

内閣府は、78日〜9月期のGDP修正値を発表した実質ベースに価格変動を除いた前年同期比0.3%の増加に影響を与え、年率1.0%増加した。揺れに投資の指摘された麻生財務大臣この点に関して、機器もそれはもう少し考え直すでなければならないそこに表面化されるよりもしっかりと統計の取り方を検討しようとしては、調査のために、明確ではありません」との考えを述べた。




それを友達とシェアしてください: