新興市場株と通貨が続落-FRB議長発言で米利上げ観測強まる

新興市場株と通貨が続落-FRB議長発言で米利上げ観測強まる

3 12月 2015, 12:43
Kadze
0
96

3日の新興市場株と通貨は続落。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の発言で約10年ぶりに米国で利上げが実施されるとの強化観測をしている。

MSCI新興市場指数は、エネルギー株を中心に下落した。原油安でブルームバーグ商品指数が16年ぶりの安値を付けた。イエレン議長が米経済には政策金利引き上げの条件が整っているとの認識を示したことを受けてドルが上昇。新興市場の通貨のインデックスは、それはインドネシアのルピアの低下顕著だった、近くに記録的安値に下落した。

MSCI新興市場指数は香港時間午後1時3分(日本時間同2時3分)現在、前日比0.3%安。全10業種が下落している。2日の米原油先物相場が1バレル=40ドルを割り込み、8月26日以来の安値で終了したことを受け、中国海洋石油(CNOOC)やペトロチャイナ(中国石油)が値下がりした。

それを友達とシェアしてください: