供給過剰の背景に原油安

供給過剰の背景に原油安

18 11月 2015, 06:38
Kadze
0
74

ブレントブレンド先物の入札価格によると、バレル当たり43.99ドルまで下がり、軽質原油WTIの価格が- 41.05ドルまで下落した。

世界の原油価格は石油市場に供給過剰続ける背景に、火曜日に低下した。

20.13 MSK時点で北海ブレントブレンドの1月先物の価格は1.29%減少し、バレル当たり43.99ドルまで下がった。光WTI原油12月先物の価格はバレル当たり41.05ドル下がり、1.65%減少となった。

「石油市場は現時点でかなり飽和している」ゲイン・キャピタルのファワド・ラカザダアナリストはフランス通信社に述べている。

以前、火曜日に原油価格は地政学的事象を背景に上昇した。フランスの防衛省の声明によると、フランス空軍がシリアのアッ・ラッカの都市の「首都」のイスラム国のグループに大規模な打撃を打ちました。投資家には爆撃による石油供給途絶の恐れがある。

「フランスの爆撃の目標は、大部分の主要な石油ターミナルから遠くあるから、供給の実際の混乱を引き起こすことはほとんどない。したがって、原油価格が高い供給と需要低迷の見通しの圧力で下残り続けます」 - 専門家は追加した。

その他、投資家は米国エネルギー省は水曜日に発表する1113日に終了した週の米国の石油埋蔵のダイナミクスのデータを待っている。アナリストによると、指数は160万バレル増加し、4.886億バレルまで上昇した。週間前に米国の原油在庫は420万バレル増加し、 4.87億バレルに -または0.9%の上昇となった。
それを友達とシェアしてください: