トヨタの年度前半の純利益は11.7%増加した

トヨタの年度前半の純利益は11.7%増加した

5 11月 2015, 14:45
Yamaguchi Katashi
0
184

期間の売上高は5.2%に、1167.5億ドルまで増加した。現在会計年度の第二四半期に会社は53.19億ドルの利益を計上した。

日本の自動車メーカートヨタ自動車の純利益(930日に終了した)上半期の2015年から2016年の会計年度は、前年同期より11.7%以上であり、1,32 円(10,937 億ドル)と公式声明で述べている。

普通株式1株当たり希薄化後利益は、2014年に355.91円に対して397.75円(3.29ドル)だった。期間の売上高は5.2%増加し、14,091 兆円(1167.5億ドル)になった。1,583 兆円(131.15億ドル)17.1%増加し、年度2四半期後の営業利益。

会計年度の第二四半期には前年より13.8%以上である6422.41億円(53.19億ドル)の利益を計上した。普通株式1株に基づく希薄化後利益は、2014年に3ヶ月で170.54円に対して192.51円(1.59ドル)だった。期間の売上高は8.3%、7,103 兆円(588.43億ドル)まで上昇した。当四半期の営業利益は8274.04億円(68.53億ドル)に25.5%増加した。

それを友達とシェアしてください: