これから米国経済は上がる下がる?専門家でもわからない

これから米国経済は上がる下がる?専門家でもわからない

30 10月 2015, 07:05
Antuan81
0
87

米国経済は、2つの傾向に分けられることが見えてくる。以下のように分けられる:

1. 弱い世界経済と強いドルによって、商業と産業は抑えられる傾向がある。

2. アメリカ時人はレストランや車にお金を費やすことが多い。

専門家は、米国の経済状況を今週木曜日に発表する予定である。予想通り弱いである。アトランタ連邦準備銀行は、0.9%増と予想。バンク・オブ・ア メリカは、1.2%増と予想。他のアナリストは同じような予想をしている。第3四半期の米国内総生産(GDP)は少しだけ増加するそうである。昨年の第3 四半期の4.3%上昇と比べて違うね。もう一回上記の2つの傾向を見てみよう。全然違うもの。

傾向1:弱い世界経済と強いドル

米国からの輸入はグレートリセッション以降初めて減少した。ドル高はiPhoneやパソコンなどの商品の価格を高くするので、この商品は人気を失っ た。セントルイス連邦準備銀行によると,ドルが主要通貨に対して8%を超える大幅上昇となったそうである。中国経済の減速とともに、ドル高の進行が米国経 済成長の妨げとなる。米国経済を守ってみる国のほとんどは貿易相手国である。

ドル高の進行に中国経済の減速を加えたら大問題になる。米国産業は下がる間際に残っている米サプライ管理協会(ISM)が発表した9月の米製造業景 況指数は50.2と、8月の51.1から大幅に低下した。ISM製造業総合指数が50を割ると、産業が下がるということになる。この場合、株式相場は下落 トレンドになる。大変ですね~

傾向2:消費者への帰着?

良いニュースは、小売業が経済成長の最も重要な要因ではないということ。本当に大事なのはアメリカ人の消費者である。今年、アメリカ人はお金を費や すことが怖くなくなった。消費者が経済成長の主な重要な要因なので、これは大切なことである。消費者がお金を費やす場合、経済が成長する。スティーブチア ワロン氏(Federated Investors)は、「消費者なんか元気そう」と述べた。

小売業は減少する傾向があるけど、取るに足りない。2015年の自動車販売台数は大幅に増加している。人が高値の商品にお金を費やすのは、信用でき る経済を意味する。「現在の消費者が貯金を使わない」という意見にもかかわらず、みんなが少しづつレストラン等にお金を使い始めた。

将来、アメリカ人は車、ホテル、旅行などにもっとお金を使うべきだと思う。エドヤルデニ氏(Yardeni Research)は、「小売商人が休暇のシーズンを楽しみにしている」と述べた。

それを友達とシェアしてください: