11月19日指標分析

11月19日指標分析

20 11月 2015, 08:50
Yamaguchi Katashi
0
75

ヨーロッパの主要株価指数は、データ交換に応じて、基本料金の引き上げの見通しを強調し、米国連邦準備制度理事会、10月の会議の議事録の公表の背景にプラス圏に木曜日の取引を終えた。

木曜日の取引に続き、英国のFTSE 100指数は0.81%増、 6329.93ポイントに上昇、ドイツのDAX 30から1.14%によって11085.44ポイントまで上昇、フランスのCAC 400.17%によって4915,10ポイントまで上昇した。

アメリカのレギュレータの水曜日10月の会合に公表されたプロトコルによると、米連邦公開市場委員会のメンバーの大半は、FRB12月に基本料金を上げる好機を述べた。決定は中期経済見通しに依存する。

また、委員会のメンバーは、それを明確に米国の金融政策の正常化が遅く、漸進的になることをした。

19日午前の東京外国為替市場で円相場は3日続落した。12時時点は1ドル=1233841銭と前日17時時点に比べ9銭の円安・ドル高で推移している。18日の米株高や、19日の日経平均株価が上昇したことを受けて、投資家のリスク回避姿勢が後退し、「低リスク通貨」とされる円を売りドルを買う動きが優勢だった。

それを友達とシェアしてください: