TOPIXが小反落、りそなHDなど銀行安い、資源も-内需堅調支え

TOPIXが小反落、りそなHDなど銀行安い、資源も-内需堅調支え

12 11月 2015, 11:47
Yamaguchi Katashi
0
47

12日朝に東京株式市場は、TOPIXは小幅に反落。 4 –9 銀行株の純利益が予想されるよりも低かったりそなホールディングスの中央に衰退の業界率のトップだった。他の金融株もアイフルなどの低下、2カ月ぶりの安値も安く、鉱業、石油・資源株を身に着けている国際原油市場の状況を嫌気。

半面、原油安メリットのパルプ・紙や電力株は高く、グローバル皮膚科事業をデンマークのレオファーマに売却することが評価されたアステラス製薬など医薬品株、野村証券が目標株価を上げた大林組など建設株は堅調で、相場全般を下支えした。

TOPIXの午前終値は前日比0.43ポイント(0.03%)安の1594.89。日経平均株価は5円65銭(0.03%)高の1万9697円4銭と小幅ながら7日続伸。

ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘調査部長は、「11月に入って新興国の減速懸念が和らぐなど景気に底打ち感が出ている上、補正や成長戦略に対する期待感もあって市場は年末高をみている」と言う。一方で、日経平均の2万円前後では「バリュエーションに割安感はなくなる。企業業績のモメンタム(勢い)が落ちていることも厳しい」と指摘した。

米国個人消費への懸念や為替の円安一服を受け、午前の日本株は安く始まった後、前日終値を挟んで方向感に乏しい動きとなった。前日の海外市場でドルが下落した流れから、きょう午前のドル・円は1ドル=12270銭-123円で推移。11日には一時12320銭台まであった。また、需給面ではあす13日に株価指数オプション11月限の特別清算値(SQ)算出を控える。

マネックス証券の広木隆チーフ・ストラテジストは、「米利上げ観測によるドル高・円安を材料に連騰してきただけに、そろそろ一服しないとおかしい。あすのSQ算出を前にいったんポジション調整の動きが出ている」と話す。11月4日の郵政上場以来、TOPIXは前日までの6営業日中、5営業日で上昇していた。

しかし弘樹年ユーロ安・ドル高の少なくとも残り、「西洋の金融政策を与え、言った、それはからの交換の方向感覚に円安ドル年間$1 =12520,000回復¥日経平均をドラッグその後、それがあると仮定」の両方が指摘した。示差日本(国内総生産)の国内総生産に応じて補正予算の拡大と追加金融緩和への期待につながり、大幅に落ちる可能性が低いと見することができる16日、発表しました。

東証1部33業種は銀行、鉱業、その他金融、鉄鋼、サービス、繊維、石油・石炭製品、保険など18業種が下落。パルプ・紙や陸運、金属製品、電気・ガス、医薬品、建設、ゴム製品、不動産など15業種は上昇。鉱業や石油は、在庫増加への懸念で前日のニューヨーク原油先物が2.9%安の1バレル=42.93ドルと大幅反落、約2カ月ぶりの安値を付けたことが嫌気された。東証1部の午前売買高は111753万株、売買代金は1兆1292億円。上昇銘柄数は926、下落は842

高い取引では、期間純利益が喧伝されている当連結会計年度の純利益の計画があることを市場予想以下に、4月から9月にアイフルは、ゴールドマン・サックスは、野洲大幅に投資判断を引き下げたも期待に達しなかったりそなHD、電通であります。他の手は、売上高と利益の成長計画は今9月期は良い感じが急増しているされていることを長谷工コーポレーション、野村證券である安川電機も上向きに316日の期間の営業利益見通しを改定した投資判断を引き上げた、高いです。

下落率上位には牧野フライス製作所やオークマ、DMG森精機など工作機械株が並んだ。10月の工作機械受注は前年同月比23%減の1028億円と、9月の19%減から減少幅が拡大。海外受注は9月の28%減から34%減へ落ち込んだ。朝方発表された9月の機械受注は、船舶・電力を除く民需が前月比7.5%増と4カ月ぶりのプラス。市場予想は3.1%増だった。

 

 



それを友達とシェアしてください: