郵政上場>郵便「全国一律」を維持…西室泰三社長に聞く

郵政上場>郵便「全国一律」を維持…西室泰三社長に聞く

6 11月 2015, 12:27
Kadze
0
92

4日に東京証券取所市場第一部における株価の三社は、個人投資家を中心とした人気を買いにサポートされている日本郵政グループだった、全体の時価総額で4.4兆円2日間記載されている、31%の割合で増えた。民営株式、証券業界を喜ぶ半分の良いスタートを管理し、政府当局者はまた、困難な成長力の見通しでは、初期の投資指標面からの過熱感を浮上し、ファンドマネジャーらはますます態度を敬遠している。

5日までに日本郵政株は公開価格に比べ30%上昇、ゆうちょ銀行は22%上昇、かんぽ生命保険は77%上げた。かんぽ生命に至っては、公開価格に対し33%高の2929円で初値を形成した後、ストップ高となる3430円で上場初日を終えるほど人気化した。3社合計の時価総額は5日終値換算で18.5兆円。公開価格時は14.1兆円だった。二日の時価総額の30%増上場後3 - 機関投資家が過熱人気で冷却します

最大5つの日公表された価格に比べて30%の増加に日本郵政の株式は、ゆうちょ銀行郵便保険は、最大77%であった、22%の増加となりました。かんぽ生命につながった情報については、販売価格のための高い33%の2929円でオープニング価格を形成した後、ストップ高であることを3430円で上場初日終了するの人気についてでした。 3社は5日終値ベースでの18.5兆円の時価総額を合計します。公開する場合の価格14.1兆円。二日の時価総額の30%増上場後3 - 機関投資家が過熱人気で冷却します

いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は、「新規上場として需給で買われたが、魅力は割安感、業績の安定度、配当利回りだった。あまり高くなると買う意味がなくなる」と話す。

会社側による2016年3月期の経常利益計画は、日本郵政が前期比23%減の8600億円、ゆうちょ銀は19%減の4600億円、かんぽ生命は29%減の3500億円とそろって減益の見通し。特に株価上昇が著しいかんぽ生命の場合、5日時点の予想株価収益率(PER)は27.8倍、配当利回りは1.44%、純資産倍率(PBR)は実績で1.19倍。ブルームバーグのデータによると、東証1部保険業指数のPERは13.3倍、予想12カ月配当利回りは1.97%、PBRは0.8倍で、かんぽ生命はいずれも割高な状況にある。

ベイビュー・アセット・マネジメントの佐久間康郎執行役員は、「時価総額が大きく、パッシブやアクティブの機関投資家が買わざるを得ない状況。完全な需給要因で動いている」との認識だ。パインブリッジ・インベストメンツの前野達志マネージングディレクターも、「公平な目で見れば買われ過ぎ。第一生命保険やMS&ADインシュアランスグループホールディングスと同じように評価されるのは少しおかしい」と指摘する。第一生命の予想PERは16.5倍、配当利回りは1.58%、PBRは0.74倍となっている。

 

日本郵政公社、配当利回り1.26%、PBR0.54倍、ゆうちょ銀PER時の第521.4PERは、PBR0.57倍、配当利回りは1.4%で、20.8倍。東京証券取引所のバンキング・インデックスはゆうちょ銀PER10.2倍、配当利回り2.45%が、PBR0.73時間の比較します。 DIAMアセットマネジメント竹内クニシンエグゼクティブポートフォリオ・マネージャー、グループの三社"のビジネスモデル自体は非常に成長の可能性ではなく、成長性が評価としてありますので買いたい避けられない。気持ちはない」と言う。

売買代金トップ3を占有、小型株市場からシフト鮮明

郵政グループ3社株の国内売り出し先の95%は個人投資家で、需要の強さから売り出し価格はいずれも仮条件の上限で決まった。日本アジア証券グローバル・マーケティング部の清水三津雄次長は、上場前の営業現場では「主婦層やサラリーマン層などからの人気が高く、入札申し込みに伴う新規口座の開設が多くなり、事務作業も繁忙になっている」と明かしていた。

上場初日の4日は、東証1部売買代金のトップ3を郵政グループ3社が占有、全体の売買代金3兆3893億円の2割弱を占めた。5日の売買代金上位も1位日本郵政、2位かんぽ生命、3位ゆうちょ銀。4、5日の2営業日に東京証券取引所全体の価格の動きの第一部を表示するTOPIX1.8%上昇し、東京証券取引所マザーズ指数がダウンして3.1%、個人投資家の大規模な参加で、売買代金日15.8%で比前マザーズ市場の両日の、それぞれ、16.5%減少し、市場の一部の個人に最初の時間をシフト顕著だった。

日本郵政の西室泰三社長は4日の上場セレモニーの式典で、「上場が民営化の第一歩。株主の期待に応えていくため、グループの企業価値を高めていくことを約束する」と発言。菅義偉官房長官は同日の定例会見で、郵政グループ3社の株価水準について政府がコメントすることを控えたいとしつつも、「国民の期待の表れ。そういう意味で歓迎したい」と述べた。

民営化株をめぐり株式市場には、1987年2月に上場したNTTが売り出し価格1197000円を3割超上回る160万円の初値を形成、好スタートを切ったが、その後のバブル崩壊で大きく値を崩したトラウマがある。いちよしAMの秋野氏は、郵政グループ3社は「資産株なので、それほど大きな上昇も下落もないはずだが、今回の上昇は想定以上だった」と指摘。今後の日本株市場への影響については、「利益確定した資金がどう循環していくかどうかだ」としている。

株価の3社はまた、週末を控えにするため、リストされて三日目に煙の上昇の勢い。日本郵政公社は、比2.2%安の前日である、日本郵政公社は、銀2.3%低く、漢方生活が戻っていずれかの3.6%より弱い落ちるようになった。

それを友達とシェアしてください: