サムスンはほぼ$ 10億株式を買い戻すために準備を進めている

サムスンはほぼ$ 10億株式を買い戻すために準備を進めている

1 11月 2015, 17:05
Yamaguchi Katashi
0
77

930日に終了した四半期、サムスン電子は昨年に比べ29%の純利益の増加をもたらしました。営業利益は、モバイル部門は37%増 - 成長はサムスン電子が世界最大のスマートフォンメーカーであるという事実にもかかわらず、2013年以来初めて記録されている。

主に配当金の形で - 今後3年間で、サムスンは、毎年恒例のフリー・キャッシュ・フローのほぼ半分を共有することを計画している。買戻しでサムスンは約113千億韓国ウォン($ 9.9億)過ごすことになる。

モバイルビジネスの悪化を止めるために、投資家の利益に対してより反応:このため、同社は、株主やアナリストは2つの主な要件を行いました。株主の約55%が外国人投資家サムスンだ。ここ数週間では、サムスンの株価は3年間のローに落ちたが、現在のステップ株式会社は、この傾向を逆転しようとしていることを示している。計画サムスン、投資家向け広報の頭の上にアナリストに言えば、彼女は彼女の行動が「大幅に過小評価」と述べました。同社の計画についてのニュースがすぐに上昇を閉じる時には6.4%の物価上昇の原因となった1.3%だった。

近年の韓国およびその他の国における双方の投資家より気前よく利益を共有促し、企業への圧力を増加させる。彼はプレッシャーを感じたとサムスン:長い時間のための同社の収益性は、望まれるべき多くを残したが、その収入は成長している。月の終わりに、現金準備70兆ウォン、13%を超える増加の月過去最高に達しました。同社のこの事業の見通しは、投資家によると、明るすぎません。 2014年、韓国政府は株主に余剰資金を返さない企業のための追加的な税を導入すると脅した。このような状況は、より寛大になるためにサムスンを促した。

「問題は以前に解決されているはずですが、それは無視されます - S.チョン、野村のアナリストは述べている。- サムスンは株主の要求は、コーポレート・ガバナンスのために深刻な影響を与える可能性があることを理解しなければなりませんでした」。マーク・ニューマン、バーンスタイン・リサーチのアナリストは、発表された自社株買いサムスン韓国企業は、株主のために収益性の面で競合他社に追いつくことができます«非常にうれしい驚き」と呼ばれる。

モバイル機器の販売から上がる利益は重要なされているが、他の企業は、より正常に開発しました。特に、半導体製品部門の利益は62%増となった。このユニットは、以前にモバイルビジネスの失敗サムスンを助け、そして今、彼は会社の営業利益の約半分を持っていた。アナリストは、長期的な半導体事業サムスンは収益性と成長の新たな源の不足を軽減する問題を解決する必要があることを警告が、チップの需要は、高いままだ。

それを友達とシェアしてください: