金、銀、:10月12〜16日の一週間の発表銅の先物

金、銀、:10月12〜16日の一週間の発表銅の先物

12 10月 2015, 09:13
Yamaguchi Katashi
0
25

連邦準備制度が2016年まで金利引上げを抑制するという期待から、金曜日に金が7週間連続で価格が上昇している。

ニューヨーク商品取引所のCOMEX部門では、12月の金が824日から0.97%と上がり、ピークの1155.4ドルとなった。

今週、金先物は1.69%の増加となった。その理由は米国中央銀行が金利を上げ始めるかどうかが不明確でドル高の圧力がかかったためである。

金利の上昇が先延ばされることは、金の需要を高める。なぜならば、金属の相対価格の下落を抑えることにより投資家に利益の増加を確保するからである。同時に、成長率は他の通貨の保有者のために米ドル立て金価格を上昇し、ドルの強化に貢献している。

木曜日にリリースFRBの、9月会合の議事録によると、銀行の政策当局の責任者の大半は今年金利を上げることに傾斜しているが、米国経済の見通しには金融市場の混乱が影響を受けてない。

しかし、また議事録によると、最近世界での経済と金融情勢が米国経済のリスクを高める可能性があることを指摘した。

議事録は、米国の金利が2016年まで現在の水準で推移する可能性があることを期待を強化した。

6主要なライバルのバスケットに対して米国の通貨を追跡する指標USDは、0.49%以下減少し、3週間の最小94.93に下落した。一週間に指標は1.14%下がった。

一方、12月の銀先物は一周間の増加3.88%ドルを見せ、1581ドルで取引終了した。木曜日に、ドルの弱さとによって銀は3.5ヶ月の最大の16.09%迅速に上昇した。

一週間にプラチナは一ヶ月の最小から20129月ぶりに7.45%急増した。Volkswagenのスキャンダルの後ディーゼル車に利用されてるプラチナの需要が下がる恐れがあったのにも関わらず。

それを友達とシェアしてください: