MQL4とMQL5のプログラム記事

icon

取引戦略をプログラミングするためのMQL5言語を、ほとんどがコミュニティメンバーによって書かれた数多くの公開記事で学びます。記事は統合、テスター、取引戦略等のカテゴリに分けられていて、プログラミングに関連する疑問への解答を素早く見つけることができます。

新着記事をフォローして、フォーラムでディスカッションしてください。

新しい記事を追加

DoEasyライブラリのグラフィックス(第86部): グラフィカルオブジェクトコレクション - プロパティ変更の管理

本稿では、ライブラリ内のグラフィカルオブジェクトのプロパティ値の変更の追跡とともに、削除と名前変更を検討します。

多層パーセプトロンとバックプロパゲーションアルゴリズム(第II部): Pythonでの実装とMQL5との統合

MQLとの統合を開発するために利用できるPythonパッケージが存在し、データの探索、作成、機械学習モデルの使用などのさまざまな機会がもたらされます。MQL5に組み込まれているPython統合により、単純な線形回帰から深層学習モデルまで、さまざまなソリューションを作成できます。開発環境を設定して準備する方法と、いくつかの機械学習ライブラリを使用する方法を見てみましょう。

より優れたプログラマー(第05部): より速い開発者になる方法

すべての開発者は、コードをより速く書くことを望んでいます。より速く効果的にコードを書けることは、少数の人々だけが生まれつき持っているような特別な能力ではありません。これは、すべてのコーダーが習得できるスキルです。この記事ではそれを教えようと思います。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第85部): グラフィカルオブジェクトコレクション - 新規作成オブジェクトの追加

本稿では、抽象グラフィカルオブジェクトクラスの子孫クラスの開発を完了し、これらのオブジェクトをコレクションクラスに格納する機能の実装を開始します。特に、新しく作成した標準のグラフィカルオブジェクトをコレクションクラスに追加する機能を作成します。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第84部): 抽象標準グラフィカルオブジェクトの子孫クラス

本稿では、ターミナル抽象標準グラフィカルオブジェクトの子孫オブジェクトの作成について検討します。クラスオブジェクトでは、すべてのグラフィカルオブジェクトに共通のプロパティを記述します。つまり、それは単にある種のグラフィカルオブジェクトです。実際のグラフィカルオブジェクトとの関係を明確にするには、この特定のグラフィカルオブジェクトに固有のプロパティを子孫オブジェクトクラスに設定する必要があります。

MetaTrader5でのビッド・アスク・スプレッド分析

証券会社のビッド・アスク・スプレッドのレベルを報告するためのインジケーター。MT5のティックデータを使用すると、最近の真の平均ビッド・アスク・スプレッドが実際に何であったかを分析できます。ビッドとアスクの両方の価格ラインを表示すれば現在のスプレッドは使用可能なので、確認する必要はありません。

多色ローソク足を作成するためのオプションの探究

この記事では、ローソク足でカスタマイズされたインジケーターを作成する可能性について説明し、それらの長所と短所を指摘します。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第83部): 抽象標準グラフィカルオブジェクトのクラス

本稿では、抽象グラフィカルオブジェクトのクラスを作成します。このオブジェクトは、標準のグラフィカルオブジェクトのクラスを作成するための基礎として機能します。グラフィカルオブジェクトには複数のプロパティがあるため、抽象グラフィカルオブジェクトクラスを実際に作成する前に、多くの準備作業が必要です。この作業には、ライブラリ列挙型のプロパティの設定が含まれます。

より優れたプログラマー(第04部): より速い開発者になる方法

すべての開発者は、コードをより速く書くことを望んでいます。より速く効果的にコードを書けることは、少数の人々だけが生まれつき持っているような特別な能力ではありません。これは、コーディングの経験年数に関係なく、すべてのコーダーが習得できるスキルです。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第82部): ライブラリオブジェクトのリファクタリングとグラフィカルオブジェクトのコレクション

本稿では、各オブジェクトに一意のタイプを割り当てることですべてのライブラリオブジェクトを改善し、ライブラリのグラフィカルオブジェクトコレクションクラスの開発を続けます。

より優れたプログラマー(第03部): MQL5プログラマーとして成功するためにあきらめなければいけない5つのこと

この記事は、プログラミングのキャリアを向上させたい人にとって必読です。本連載は、どんなに経験が豊富な読者でも最高のプログラマーになれることを目的としています。議論されたアイデアは、MQL5プログラミングの初心者だけでなくプロにも役立ちます。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第81部): ライブラリオブジェクトへのグラフィックの統合

すでに作成されたオブジェクトを以前に作成されたライブラリオブジェクトに統合する時が来ました。最終的には各ライブラリオブジェクトに独自のグラフィカルオブジェクトが付与されるようになり、ユーザーはプログラムを操作できるようになります。

取引のための組合せ論と確率論(第III部): 初めての数学モデル

前に説明したトピックの論理的な続きは、取引タスクのための多機能数学モデルの開発です。本稿では、フラクタルを記述する最初の数学モデルの開発に関連するプロセス全体を最初から説明します。このモデルは重要な構成要素になるもので、多機能で普遍的である必要があります。それは、このアイデアをさらに発展させるための理論的基礎を構築します。

より優れたプログラマー(第02部): MQL5プログラマーとして成功するためにやめなければいけない5つのこと

この記事は、プログラミングのキャリアを向上させたい人にとって必読です。本連載は、どんなに経験が豊富な読者でも最高のプログラマーになれることを目的としています。議論されたアイデアは、MQL5プログラミングの初心者だけでなくプロにも役立ちます。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第80部): 「幾何学的アニメーションフレーム」オブジェクトクラス

本稿では、前の記事のクラスのコードを最適化し、指定された数の頂点を持つ正多角形を描画するための幾何学的アニメーションフレームオブジェクトクラスを作成します。

より優れたプログラマー(第01部): MQL5プログラマーとして成功するためにやめなければいけない5つのこと

初心者が最高のコーディングキャリアを築くのを妨げている悪い習慣はたくさんあります。これは上級プログラマーさえにも言えることです。この記事では、それらについて説明し、対処します。この記事は、MQL5で開発者として成功したいすべての人にとって必読です。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第79部): 「アニメーションフレーム」オブジェクトクラスとその子孫オブジェクト

本稿では、単一のアニメーションフレームとその子孫のクラスを開発します。このクラスでは、形状の下の背景を維持および復元しながら、形状を描画できるようにします。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第78部): ライブラリのアニメーションの原則イメージスライス

この記事では、ライブラリの一部で使用されるアニメーションの原則を定義します。また、画像の一部をコピーして指定したフォームオブジェクトの場所に貼り付け、画像が重ねられるフォームの背景の一部を保存して復元するクラスを開発します。

取引のための組合せ論と確率論(第II部): ユニバーサルフラクタル

本稿では、フラクタルの研究を続け、すべての資料の要約に特に注意を払います。これを行うために、これまでの開発をすべて、取引での実用化に便利で理解しやすいコンパクトな形にまとめてみます。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第77部): 影オブジェクトクラス

本稿では、グラフィック要素オブジェクトの子孫である 影オブジェクトのクラスを作成し、オブジェクトの背景をグラデーションで塗りつぶす機能を追加します。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第76部): フォームオブジェクトと事前定義されたカラースキーム

本稿では、さまざまなライブラリGUIデザインテーマの構築の概念について説明し、グラフィック要素クラスオブジェクトの子孫であるフォームオブジェクトを作成し、ライブラリのグラフィカルオブジェクトのシャドウを作成するため、および機能をさらに開発するためのデータを準備します。

クラスター分析(第I部):インジケーターラインの傾きをマスターする

クラスター分析は、人工知能の最も重要な要素の1つです。この記事では、指標の傾きのクラスター分析を適用して、市場が横ばいであるかトレンドに従っているのかを判断するためのしきい値の取得を試みます。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第75部): 基本的なグラフィック要素でプリミティブとテキストを処理するメソッド

本稿では引き続き、CCanvas標準ライブラリクラスを使用したすべてのライブラリグラフィカルオブジェクトの基本的なグラフィック要素クラスを開発します。グラフィカルプリミティブを描画するメソッドとグラフィック要素オブジェクトにテキストを表示するメソッドを作成します。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第74部): CCanvasクラスを使用した基本的グラフィック要素

本稿では、前の記事からのグラフィカルオブジェクトを構築するという概念を作り直し、標準ライブラリCCanvasクラスを利用したライブラリのすべてのグラフィカルオブジェクトの基本クラスを準備します。

取引のための組合せ論と確率論(第I部):基本

この連載では、確率論の実用的応用を見つけて、取引と価格設定のプロセスの説明を試みます。最初の記事では、組合せ論と確率の基礎を調べ、確率論の枠組みでフラクタルを適用する方法の最初の例を分析します。

DoEasyライブラリのグラフィックス(第73部): グラフィック要素のフォームオブジェクト

本稿からは、ライブラリでのグラフィックの使用に関する新しい大きなセクションを始めます。本稿では、マウスステータスオブジェクト、すべてのグラフィック要素の基本オブジェクト、およびライブラリのグラフィック要素のフォームオブジェクトのクラスを作成します。

パターンと例(第I部): マルチトップ

これは、アルゴリズム取引の枠組みにおける反転パターンに関連する連載の最初の記事です。まず、最も興味深いパターンファミリーから始めます。これは、ダブルトップパターンとダブルボトムパターンに由来するものです。

DoEasyライブラリでのその他のクラス(第72部): コレクション内のチャートオブジェクトパラメータの追跡と記録

本稿では、チャートオブジェクトクラスとそのコレクションの操作を完成します。また、チャートプロパティとそのウィンドウの変更の自動追跡を実装し、オブジェクトプロパティに新しいパラメータを保存します。このような変更により、を将来チャートコレクション全体のイベント機能実装できるようになります。

プロのプログラマーからのヒント(第2部): パラメータの保存とエキスパートアドバイザー、スクリプト、外部プログラム間での交換

プログラミングを容易にする方法、テクニック、および補助ツールに関するプロのプログラマーからのヒントです。ターミナルの再起動(シャットダウン)後に復元できるパラメータについて説明します。すべての例は、私のCaymanプロジェクトからの実際に機能するコードセグメントです。

DoEasyライブラリでのその他のクラス(第71部): チャットオブジェクトコレクションイベント

本稿では、いくつかのチャートオブジェクトイベント(銘柄チャートとチャートサブウィンドウの追加/削除、およびチャートウィンドウの指標の追加/削除/変更)を追跡する機能を作成します。

DoEasyライブラリでのその他のクラス(第70部): チャットオブジェクトコレクショの機能拡張と自動更新

本稿では、チャートオブジェクトの機能を拡張し、チャートのナビゲーション、スクリーンショットの作成、チャートの保存と適用を行います。また、チャートオブジェクトのコレクション、それらのウィンドウ、およびその中の指標の自動更新を実装します。

スワップ(第I部):ロックと合成ポジション

この記事では、スワップ取引手法の古典的な概念を拡張しようとします。私が、この概念に特別な注意を払う価値があり、この概念が研究に絶対的に推奨されるという結論に達した理由を説明します。

プロのプログラマーからのヒント(第I部): コードの保存、デバッグ、コンパイルプロジェクトとログの操作

プログラミングを容易にする方法、テクニック、および補助ツールに関するプロのプログラマーからのヒントです。

DoEasyライブラリでのその他のクラス(第69部): チャットオブジェクトコレクションクラス

本稿からチャートオブジェクトコレクションクラスの開発を開始します。このクラスでは、サブウィンドウと指標とともにチャートオブジェクトのコレクションリストを保存し、選択したチャートとそのサブウィンドウ、または複数のチャートのリストを一度に操作する機能を提供します。

DoEasyライブラリでのその他のクラス(第68部): チャットウィンドウオブジェクトクラスとチャートでの指標オブジェクトクラス

本稿では、チャートオブジェクトクラスの開発を続け、利用可能な指標のリストを含むチャートウィンドウオブジェクトのリストに追加します。

ニューラルネットワークが簡単に(第13回): Batch Normalization

前回の記事では、ニューラルネットワーク訓練の品質を向上させることを目的とした手法の説明を開始しました。本稿では、このトピックを継続し、別のアプローチであるデータのBatch Normalizationについて説明します。

ニューラルネットワークが簡単に(第12回): ドロップアウト

ニューラルネットワークを研究する次のステップとして、ニューラルネットワークの訓練中に収束を高める手法を検討することをお勧めします。そのような手法はいくつかありますが、本稿では、それらの1つである「ドロップアウト」について考察します。

組み合わせスキャルピング:過去の取引の分析による将来の取引パフォーマンスの向上

本稿では、自動取引システムの公立を高めることを目的としたテクノロジーについて説明します。アイデアが簡単に説明され、その基盤、可能性、および欠点についてが説明されます。

MVCデザインパターンとその可能なアプリケーション

本稿では、人気高いMVCパターンと、MQLプログラムでの使用の可能性、長所、短所について説明します。アイデアは、既存コードをモデル、ビュー、コントローラの3つの別々のコンポーネントに分割することです。

DoEasyライブラリでのその他のクラス(第67部): チャットオブジェクトクラス

本稿では、(単一の取引製品チャートの)チャートオブジェクトクラスを作成し、MQL5シグナルオブジェクトのコレクションクラスを改善して、コレクションに格納されている各シグナルオブジェクトでリストの更新時にすべてのパラメータが更新されるようにします。