MetaTrader 5プラットフォームビルド3260: 一括操作、新しいマトリックスおよびベクトル関数とチャットの機能強化

MetaQuotes  

MetaTrader 5プラットフォームアップデートが2022年4月15日(金)にリリースされます。

この新バージョンでは、ポジション決済および未決注文キャンセルの一括操作のための一連のコマンドが追加されました。マウスを数回クリックするだけで、関連するアクションを実行できます。

また、MQL5言語の機能も拡張しました。この更新により、新しい行列関数とベクトル関数、および組み込みの配列メソッドと文字列メソッドが提供されます。

MetaTrader 5プラットフォームビルド3260: 一括操作、新しいマトリックスおよびベクトル関数とチャットの機能強化

さらに、組み込みのチャットが改善されました。テキスト、画像、添付ファイルを含むメッセージの引用と組み合わせがサポートされています。

さらに、MQL5サービスの購入プロセスに複数の修正と改善を実装し、ターミナルグラフィックシステムを最適化しました。

これらの変更は、更新されたMetaTrader 5プラットフォームバージョンの他の新機能とともに、以下で詳細に説明されています。


  1. ターミナル: ポジション決済および未決注文キャンセルの一括操作のためのコマンドを追加しました。

    [取引]タブのコンテキストメニューに、新しい[一括操作]コマンドが追加されました。使用可能なコマンドのリストは、選択した操作と口座の種類に応じて自動的に作成されます。


    一括のポジション決済と注文削除


    メニューでは、次のコマンドを常に使用できます。

    • すべてのポジションを決済: ヘッジ口座では、システムは反対のポジションでポジションを決済(Close By)しようとし、その後、通常の手順に従って残りのポジションを決済します。
    • すべての利益のあるポジションまたはすべての損失のあるポジションを閉じる
    • すべての未決注文を削除する
    • 特定のタイプの保留中の注文を削除する(リミット、ストップ、ストップリミット)

    ポジションを選択すると、メニューに追加のコマンドが表示されます。

    • 銘柄のすべてのポジションを決済する
    • 同じ方向のすべてのポジションを決済する(ヘッジ口座)
    • 同じ銘柄の反対のポジションを決済する(ヘッジ口座)
    • ポジションの逆転(ネッティング口座)

    未決注文を選択すると、メニューに追加のコマンドが表示されます。

    • 同じ銘柄のすべての未決注文を削除する
    • 同じ銘柄の同じ種類のすべての未決注文を削除する

    これらのコマンドは、プラットフォーム設定([ツール]>[オプション]>[取引])でワンクリック取引が有効になっている場合にのみ使用できます。
  2. ターミナル: 内部チャート機能を拡張しました。

    • メッセージに返信する機能が追加されました。ソースメッセージのテキストは返信で引用されます。
    • テキスト付きの画像や添付ファイル付きのテキストなど、さまざまなコンテンツタイプのメッセージを作成する機能が追加されました。
    • 既読メッセージと未読メッセージの間の区切り文字の表示を修正しました。
    • エラー修正と安定性の向上。


    チャットの返信機能


  3. ターミナル: ターミナルのグラフィックシステム操作の最適化および高速化。インターフェイスレンダリングに必要なリソースが少なくなります。
  4. ターミナル: 先物の毎日の価格変動の計算を修正しました。証券会社が清算価格を提供する場合、この価格が計算に使用されます。
    ((Last - Clearing Price)/Clearing Price)*100
    すべての計算タイプの詳細な説明は、ドキュメントにあります。

  5. ターミナル: MQL5サービス購入中に発生するエラーを修正しました。

    • 支払いシステムは、特定の条件下で正常な操作に対してエラーを返す可能性があります。
    • 市場の中間製品レンタルステップで誤った価格が表示される可能性があります。

  6. ターミナル: 購入/ダウンロードしたマーケット製品ページのスタートボタンの操作を修正しました。ボタンは、最初に開いたチャートでアプリケーションを正しく起動します。
  7. ターミナル: ポジション履歴生成時の取引タイプの表示が修正されました。
  8. MQL5: 行列とベクトルを操作するための新しい関数を追加しました。

    • Median — 行列またはベクトル要素の中央値を返します
    • Quantile — 行列/ベクトル要素または指定された軸に沿った要素のq番目の分位数を返します
    • Percentile — 行列/ベクトル要素または指定された軸に沿った要素のq番目のパーセンタイルを返します
    • Std — 行列またはベクトル要素の標準偏差を計算します
    • Var — 行列またはベクトル要素の分散を計算します
    • CorrCoef — 行列/ベクトルの相関係数を計算します
    • Correlate — 2つのベクトルの相互相関を計算します
    • Convolve — 2つのベクトルの離散的な線形畳み込みを返します
    • Cov — 共分散行列を計算します

  9. MQL5: 数値配列の組み込みメソッドの追加を開始しました。新しいメソッドは、使いやすさを向上させ、コードをよりコンパクトにし、他の言語とのコードの互換性を向上させます。

    次の3つのメソッドがすでに利用可能です。

    • ArgSort — 指定された次元で配列を並び替えます。 最後のものがデフォルトで使用されます(axis=-1)。
    • Range — 指定された配列次元の要素の数を返します。ArrayRangeのアナログ。
    • Size — 配列要素の数を返します。ArraySizeのアナログ。

    例:
    void OnStart()
      {
       int arr[4][5]=
         {
            {22, 34, 11, 20,  1},
            {10, 36,  2, 12,  5},
            {33, 37, 25, 13,  4},
            {14,  9, 26, 21, 59}
         };
       ulong indexes[4][5];
    //--- Sort the array
       arr.ArgSort(indexes,-1,0);
       Print("indexes");  
       ArrayPrint(indexes);
      }
    
    // Result log:
    // indexes
    //     [,0][,1][,2][,3][,4]
    // [0,]   4   2   3   0   1
    // [1,]   2   4   0   3   1
    // [2,]   4   3   2   0   1
    // [3,]   1   0   3   2   4

  10. MQL5: 文字列の組み込みメソッドの追加を開始しました。

    次のメソッドが現在利用可能です。

    • BufferSize — 文字列に割り当てられたバッファサイズを返します。
    • Compare — 2つの文字列を比較し、比較結果を整数として返します。
    • Length — 文字列の文字数を返します。
    • Find — 文字列で部分文字列を検索します。
    • Upper — 文字列を大文字にします。
    • Lower — 文字列を少文字にします。
    • Replace — 部分文字列を置き換えます。
    • Reserve — 文字列用のバッファを予約します。

    すべてのメソッドは文字列関数のアナログです。

      例:
      void OnStart()
        {
         string test="some string";
         PrintFormat("String length is %d",test.Length());
        }
      
      // Result log:
      // String length is 11
    • MQL5: 特定の銘柄の相場配信の遅延のENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER列挙にSYMBOL_SUBSCRIPTION_DELAY値を追加しました。

      サブスクリプションベースの取引銘柄にのみ使用されます。遅延は通常、試用モードで提供されるデータに適用されます。

      プロパティは、気配値表示で選択された銘柄に対してのみリクエストできます。それ以外の場合は、ERR_MARKET_NOT_SELECTED (4302)エラーが返されます。

    • MQL5: ACCOUNT_HEDGE_ALLOWEDプロパティをENUM_ACCOUNT_INFO_INTEGER列挙に追加しました。反対のポジションと指値注文を開くことができるようになります。このプロパティは、規制要件に準拠するために口座をヘッジするためにのみ使用されます。口座は同じ銘柄に対して反対のポジションを持つことはできませんが、同じ方向のポジションは許可されます。

      このオプションが無効になっている場合、口座は同じ金融商品の反対方向のポジションと注文を持つことはできません。たとえば、口座に買いポジションがある場合、売りポジションを開いたり売り指値注文を出すことはできません。そのような操作を実行しようとすると、TRADE_RETCODE_HEDGE_PROHIBITEDエラーが返されます。

    • MQL5: ENUM_SYMBOL_INFO_DOUBLE列挙での新しいプロパティ:

      • SYMBOL_SWAP_SUNDAY
      • SYMBOL_SWAP_MONDAY
      • SYMBOL_SWAP_TUESDAY
      • SYMBOL_SWAP_WEDNESDAY
      • SYMBOL_SWAP_THURSDAY
      • SYMBOL_SWAP_FRIDAY
      • SYMBOL_SWAP_SATURDAY

      値を使用して、特定の曜日のスワップ計算レートを取得します。1 - シングルスワップ、3 - トリプルスワップ、0 - スワップなし

    • MQL5: CopyTicks関数とCopyTicksRange関数の動作を修正しました。エラーが発生すると、深夜を通過するときに古いデータが返される可能性があります。金融商品にティックが提供されていない場合にエラーが発生しました。
    • クラッシュログで報告されたエラーを修正しました。


    更新はLive Updateシステムを介して利用できるようになります。

    理由: