MetaTrader 5プラットフォームビルド2450: サブスクリプションサービス、UIの改善、MetaEditor機能の変更

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes
モデレーター
219133
MetaQuotes  

2020年5月22日(金曜日)に、更新されたMetaTrader 5プラットフォームがリリースされます。


アップデートには64ビットプラットフォームコンポーネントのみが含まれます

以前に32ビットターミナルバージョンのサポート終了予定を発表しました。当アップデート以降の新バージョンは64ビットコンポーネントに対してのみリリースされます。利用可能な最新の32ビット端末バージョンはビルド2360です。

32ビットソリューションを使用している場合は、できるだけ早く64ビットバージョンに切り替えることをお勧めします。


この新バージョンは次の変更を含みます。


  1. ターミナル: 新しいサブスクリプションサービスをリリースしました。サブスクリプションは、取引を支援する追加のサービスを提供します。たとえば、有名なプロバイダーからの高品質な市場データに登録し、受信したデータを分析して、新しい取引戦略を開発できます。必要に応じて、取引の基本の学習やプラットフォームの使用スキルの習得に役立つパーソナルマネージャーサービスをリクエストできます。.

    このサービスは現在開発中で、次のバージョンで使用できるようになります。

    仕組み
    ナビゲータに新しい[サブスクリプション]セクションが追加されました。利用可能なすべてのサービスがこのセクションに表示されます。サービスのリストはブローカー側で設定されるため、接続しているサーバーによって異なります。サブスクリプションは、簡単に閲覧できるようにカテゴリに分かれています。



    サービスを選択して、詳細な説明を表示します。次に、[Subscribe]をクリックします。アクティブなサブスクリプションはすべて別のセクションに表示されます。




    市場データを購読すると、[気配値表示]で適切な取引商品が選択できるようになります。それらは通常の銘柄として使用できます。[気配値表示]で相場を表示し、チャートを開き、オブジェクトと指標を使用して分析し、ストラテジーテスターでエキスパートアドバイザーを実行します。これらの銘柄の取引操作はサポートされていません。

    購読の支払い方法
    取引口座の資金を使用してサービスの料金を支払うことができます。支払いはプラットフォームから直接実行できるため、他のウェブサイトにアクセスする必要はありません。

    まもなく、MetaQuotes-Demoに接続して市場データのサブスクリプションを購入する可能性が追加されます。
    世界中のさまざまな取引所からの市場データのサブスクリプションを設定する予定です。数回クリックするだけで、ナスダック、CME、NYSE、BOVESPA、その他の取引所からリアルタイムの相場を取得することができます。マーケット、シグナル、ホスティングの購入と同様に、MQL5.communityアカウントを使用してサブスクリプションの支払いを行うことができます。
  2. ターミナル: チャート設定に新しい[ティッカーを表示]オプションを追加しました。このオプションは、取引銘柄名、時間枠、およびカスタムコメントを含む行を表示/非表示にします。




  3. ターミナル: チャート設定に新しい[取引履歴を表示]オプションを追加しました。チャートに市場のエントリとエグジットを表示する機能は以前のバージョンで利用可能でしたが、[ツールボックス]\[履歴]セクションから管理されていました。新しいオプションにより、履歴表示のより快適な設定が可能になります。一度にすべてのチャートに対して設定することも、目的のチャートに対して個別に設定することもできます。




    さらに、チャートのコンテキストメニューを使用して、取引履歴と取引レベルの表示をすばやく有効にできます。





  4. ターミナル: チャート設定に新しい「Color on White」スキームを追加しました。



  5. ターミナル: ポジションと注文のコンテキストメニューに新しいコマンドが追加され、関連する銘柄の[板情報]とチャートをすばやく開くことができるようになりました。





  6. ターミナル: チャートフレームの強調表示を追加しました。これは、ターミナルで複数のチャートが開いているときに、目的の銘柄チャートを見つけるのに役立ちます。[気配値表示]の銘柄、取引または履歴セクションの注文またはポジションライン、またはアラートを選択すると、適切な銘柄チャートのフレームが3回点滅します。



  7. ターミナル: チャートでの取引レベルの表示が改善されました。

    • チャートをきれいに保つために、ポジション、注文、レベルのチケットは表示されなくなりました
    • キャプションは読みやすくするために大文字で表示されます
    • ボリュームがゼロの場合、小数部分なしで表示されます
    • チャートの高さが80ピクセル未満の場合、レベルは非表示になります



  8. 銘柄名に加えて、チャートの左上隅に銘柄の説明(利用可能な場合)の表示を追加しました。






  9. 新しい列が未決注文とポジションのリストに追加されました。

    • Change — 運用収益率
    • Value — ポジションの市場価値
    • Magic — エキスパートアドバイザーによって開かれた注文とポジションの識別子(マジックナンバー)

    新しい列は、コンテキストメニューを使用して表示/非表示にできます。


    ポジション値とマジック列も取引履歴セクションに追加されました。
    さらに、ポジションと履歴セクションの利益フィールドは、操作結果に応じて強調表示されます。
  10. ターミナル: マイナス価格のサポートが追加されました。これにより、最近の原油価格がゼロを下回ったのと同様の状況で、適切なプラットフォームの運用が可能になります。下記が含まれます。

    • [気配値表示]での相場の表示
    • チャートと[板情報]の表示
    • 取引操作の実行
    • 利益と担保の計算

  11. ターミナル: [気配値表示]で同時に有効にできる銘柄の最大数が5000に増えました。
  12. ターミナル: 最終更新日によるチャットの並べ替えを修正しました。
  13. ターミナル: 多数の取引銘柄(50,000以上)による操作を最適化および高速化しました。
  14. ターミナル: 現在のボリュームが銘柄のボリューム変更ステップに対応していない場合にポジションを決済できなかったバグを修正しました。
  15. MQL5: ティック履歴の操作を最適化および高速化しました。
  16. MQL5: データベースを操作するための新しい関数を追加しました。

    • DatabaseResetDatabasePrepare呼び出しと同様に、リクエストを初期状態にリセットします。この関数は、異なるパラメータ値を使用して要求を複数回実行することを目的としています。たとえば、INSERTコマンドを使用してデータを一括でテーブルに追加する場合、フィールド値のカスタムセットをエントリごとに作成する必要があります。
    • DatabaseBind — リクエストにパラメータ値を設定します。この関数は、SQLリクエストに「?」またはパラメータ化可能な「?N」値が含まれている場合に使用されます。 ここで、Nはパラメータインデックス(1から始まる)です。
    • DatabaseBindArray — 配列をパラメータ値として設定します。

  17. MQL5: FileSelectDialog関数にFSD_FILE_MUST_EXISTフラグを追加しました。選択したファイルが存在する必要があることを示します。
  18. MQL5: オプションを説明する値をENUM_SYMBOL_INFO_DOUBLE列挙に追加しました。

    • SYMBOL_PRICE_CHANGE — 前の取引日の終わりに対する現行価格の変化(%)。
    • SYMBOL_PRICE_VOLATILITY — 価格の変動率(%)。
    • SYMBOL_PRICE_THEORETICAL — 理論上のオプション価格。
    • SYMBOL_PRICE_DELTA — オプション/保証デルタ。原資産価格が1だけ変動したときに、オプション価格が変動する価値を示します。
    • SYMBOL_PRICE_THETA — オプション/保証シータ。一時的な分割、つまり有効期限が近づいたためにオプション価格が毎日失うポイントの数。
    • SYMBOL_PRICE_GAMMA — オプション/保証ガンマ。デルタの変化率を示します — オプションプレミアムの変化の速さまたは遅さ。
    • SYMBOL_PRICE_VEGA — オプション/保証ベガ。ボラティリティが1%変化したときにオプション価格が変化するポイント数を示します。
    • SYMBOL_PRICE_RHO — オプション/保証ロー。理論上のオプション価格の、1%変化する金利に対する感度を反映します。
    • SYMBOL_PRICE_OMEGA — オプション/保証オメガ。オプション弾力性 - 原資産価格の変化率によるオプション価格の相対的変化率。
    • SYMBOL_PRICE_SENSITIVITY — オプション/保証感度。オプションの価格が1ポイントだけ変化するように、オプションの原資産の価格が何ポイント変化するかを示します。

  19. MQL5: DatabaseExport関数でHEX形式のBLOBフィールドのエクスポートを追加しました。
  20. MQL5: ENUM_CHART_PROPERTY_INTEGERに新しいCHART_SHOW_TICKERプロパティを追加しました。左上隅に銘柄ティッカーを表示します。CHART_SHOW_TICKERがfalseに設定されている場合、CHART_SHOW_OHLCもfalseに設定されるため、OHLCは非表示になります。   
  21. MQL5: コンパイラーによって生成されるコードの品質を改善しました。これにより、実行速度を上げることができました。
  22. MQL5: テンプレート関数とクラスのコンパイルと実行に関連するエラーを修正しました。修正されたエラーは以下です。

    • オーバーロードされたテンプレート関数呼び出しの優先度の不一致エラー
    • テンプレートメソッド/クラス生成エラー
    • テンプレート関数のテンプレートパラメータの内部クラスにアクセスしようとしたために発生したエラー
    • 内部クラスの使用が原因のテンプレートクラスコード生成エラー
    • B<void*>の前にB<int>テンプレートオブジェクトを使用することによるエラー
    • 内部タイプCを持ち、複数回ラップされた複雑なオブジェクトの作成エラー
    • const refテンプレートとして関数ポインタ引数を転送する際のエラー
    • 内部構造体をテンプレート関数に渡す際のエラー
    • テンプレート関数の実行に関する優先度の不一致エラー
    • forおよびdo-whileループでの括弧数の間違え
    • クラス構造体の説明での括弧数の間違え
    • ArrayResizeを使用して一度に1つの要素を追加した際の速度の低下
    • 一致するオーバーロードされた関数の選択エラー

  23. MQL5: CustomTicksReplace関数で時々発生するエラーを修正しました。
  24. MQL5: 取引注文履歴の表示期間の選択を修正しました。範囲は、以前に使用されていた作成日の代わりに、注文実行日に基づくようになりました。
  25. Python: initializeメソッドに、metatrader.exeまたはmetatrader64.exeへのパスを表すpathパラメータが追加されました。パスが指定されていない場合、モジュールはそれ自体で実行可能ファイルを見つけようとします。
  26. Python: 次の新しいメソッドが追加されました。

    • symbols_get — MetaTrader 5ターミナルからすべての金融銘柄を受け取ります。
    • symbols_total — MetaTrader 5ターミナルのすべての金融銘柄数を取得します。

  27. Python: orders_getpositions_gethistory_orders_gethistory_deals_get関数に銘柄グループによるフィルタリングを追加しました。「group」パラメータを使用した呼び出し形式を使用します。
  28. Python: order_sendおよびorder_checkの戻り値は、元のリクエストの完全な説明を含む「request」フィールドとともに渡されるようになりました。例:
    ...
    comment=Request executed
    request_id=55
    retcode_external=0
    request=TradeRequest(action=1, magic=234000, order=0, symbol='USDJPY', volume=0.1, price=108.018, stoplimit=0.0, ...
        traderequest: action=1
        traderequest: magic=234000
        traderequest: order=0
        traderequest: symbol=USDJPY
        traderequest: volume=0.1
        traderequest: price=108.018
        traderequest: stoplimit=0.0
    ...
  29. Python: チャートで起動すると、Pythonスクリプトは、チャート銘柄と期間(分単位)を引数として受け取るようになりました。
    import sys
    
    chart_symbol='unknown'
    chart_tf=1
    
    if len(sys.argv) == 3:
        chart_symbol, chart_tf = sys.argv[1:3];
    
    print("Hello world from", chart_symbol, chart_tf)
    
    >> Hello world from T.NYSE 15
  30. MetaEditor:「Add an existing folder」コマンドを追加しました。これにより、選択したディレクトリからサポートされているすべてのファイルをプロジェクトに一括追加できます。



  31. MetaEditor: 検索および置換オプションを拡張しました。

    部分的な正規表現をサポートする拡張検索機能を追加しました。\r、\n、\tを使用して、検索リクエストでラインフィードとタブ文字を指定します。検索ダイアログと置換ダイアログが1つのマルチタブダイアログに統合されました。




    プログラマーコミュニティで検索するための別のタブを追加しました。これらには、MQL5.community、GitHub、MSDN、Stack Overflowが含まれます。


    外部リソースからの検索結果は、MetaEditorツールボックスウィンドウに表示されます。




    さらに、GitHubからソースファイルをすぐにダウンロードできます。ファイルは、GitHubプロジェクト名に従って名前が付けられた、Projectsフォルダーの別のサブディレクトリにダウンロードされます。

    検索結果はさらに日付で並び替えできます。
  32. MetaEditor: コード編集ウィンドウでフォントサイズをすばやく変更できるようになりました。フォントサイズを変更するには、Ctrlキーを押しながらマウスホイールをスクロールします。
  33. MetaEditor: CSVファイルからデータベーステーブルにテーブルをインポートする可能性を追加しました。インポート中に次のパラメータを設定できます。

    • データベースのテーブル名
    • 自動または手動のファイルエンコーディング検出
    • データ区切りタイプ
    • 先頭でスキップする行数の指定
    • コメント接頭辞
    • ファイルに列名があるかどうか
    • 改行の決定方法
    • データを新しいテーブルに追加するか、既存のテーブルに追加するか
    • 文字列に使用する引用符




  34. MetaEditor: 時間と色をプログラムのソースコードに挿入するためのクイックコマンドを追加しました。インタラクティブなカレンダーとパレットから目的の値を選択すると、エディターがそれらを適切な形式で挿入します。





  35. MetaEditor: 64ビットのコードのみを生成するようになったため、MQL4サポートを無効にしました。
  36. MetaEditor: クラススニペット操作を修正しました。
  37. MetaEditor: プロジェクトの絶対パスのサポートを修正しました。
  38. ドキュメントを更新しました。


新バージョンはLiveUpdateシステムを介して利用できるようになります。

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください