ジグザグ、波、トレンド。

Uladzimir Izerski  

ジグザグの話題に触れましたが、これは波やトレンドと表裏一体なので、別スレッドを立ち上げることにしました。すべてをひとつにしよう。

特に、多くの人が関心を持っているので、建設的な話ができると思います。

Uladzimir Izerski  

から始めましょう。

ジグザグ

ジグザグは 折れ線であり、そのリンクは一定の角度で一方向または他方向に折れ曲がっている。

角度が一定ではありませんが、この表現で納得しましょう。

Roman  
質問は何ですか?それともただのディスカッション?
クラシックを考えるなら、3~5モデルで、50%のリターン、つまり完全な逆転劇がある。
あるいは、蝶がこれらのパターンをうまく解釈しているのでしょう。また、D1では下手に動かないように。
Uladzimir Izerski  
Maxim Kuznetsov:

また、チャンネルとも密接な関係があります。
理論から実践へ」で、ジグザグのズレについて質問された方がいらっしゃいました。さて、ここに紹介します。


サミットとの乖離はまだある。後ほど追加します。とりあえず一人で行ってきます。よくない))

削除済み  
再描画するものは効果がない
aleger  
Uladzimir Izerski:

から始めましょう。

ジグザグ

ジグザグは 折れ線であり、そのリンクは一定の角度で一方向または他方向に折れ曲がっている。

一定の角度はありませんが、この表現を受け入れてください。

あるいは、2つ以上の上昇トレンドと下降トレンドのセット/連続?

Uladzimir Izerski  
aleger:

あるいは、2つ以上の上昇トレンドと下降トレンドの総体/連続?

このスレッドでは一つの合意に至りましょう。

WPの各膝(骨折)をウェーブと呼ぶことにする。

2つ以上の上昇波、下降波の連続をトレンドと呼ぶことにしましょう。

その方がより正確でしょう。

そうすれば、お互いに理解しあえるはずです。

間違いなく、その日の波が時間足でのトレンドになりますが、相場の全体像としては重要ではありません。

ここでは、1つのTFのみでの波動について考えてみます。どれでもいいんです。

Igor Zakharov  
Uladzimir Izerski:

ZZの各膝(骨折)を波と呼ぶことにします。

...結び目としての限界点?

ps: ジグザグが好きなので、トピックに従います :)

aleger  
Uladzimir Izerski:

このスレッドでは一つの合意に至りましょう。

ここでは、WPの各膝(ブレイク)を波と呼ぶことにする。

2つ以上の上昇と下降の波が連続するものをトレンドと呼ぶことにしましょう。

その方がより正確でしょう。

そうすれば、お互いに理解しあえるはずです。

間違いなく、その日の波が時間足でのトレンドになりますが、相場の全体像としては重要ではありません。

ここでは、1つのTFのみでの波動について考えてみます。どれでもいいんです。

この場合、少なくともおおよそどのような定義になるのでしょうか。

Uladzimir Izerski  
Igor Zakharov:

...限界点 "である結び目?

ps: トピックに注目します!ジグザグが好きなんです :)

まさにその通りです。より便利になりました。

このように加工するための節に、番号で印をつけるんです。ゼロバーからカウントしていきます。

一般的な線は使用せず、番号付きのノードのみを使用します。ここではわかりやすくするために、手で描いてみました。

ノードは、取引にうまく利用できる錠前の鍵のようなパターンを形成しています。


理由: