フラクタル、フラクタル構造、そのグラフィックイメージ+キャンバス

Aleksey Ivanov  
Nikolai Semko:

役に立つことにCanvasを使い始めてもらうためには、まず役に立たないものを見せることから始めなければなりません。:))

強い「クワス」を飲めば、世界はキャンバスに沈む。:)


私が提案しているのは、キャンバスを実用化するためのアイデアであり、まったく新しい方向性です。

図面にはフラクタルが描かれています。相場の履歴(スライディングウィンドウ)からフラクタル構造を計算し、相場の状況を識別するための類似したグラフィックイメージに変換することができるかもしれません。 独特のインジケータができあがるでしょう。例えば、物理学で(固体の)フェルミ面によって物質の状態を判断するように、市場の状態もフラクタル画像によって判断することができる。経験則が蓄積されれば、市場の具体的な状態に応じた画像の言語が形成されるからである。

Maxim Romanov  
Aleksey Ivanov:

強い「クワス」を飲めば、世界はキャンバスに沈んでいく。:)


キャンバスを実用化するために提案したもので、まったく新しい方向性です。

写真の中にフラクタルがあります。相場の履歴からフラクタル構造を計算し(スライディングウィンドウ)、相場の状況を識別するための類似のグラフィックイメージに変換することができるかもしれません。 独特のインジケータができあがるでしょう。例えば、物理学で(固体の)フェルミ面によって物質の状態を判断するように、市場の状態もフラクタル画像によって判断することができる。経験則が蓄積されれば、市場の具体的な状態に応じた画像の言語が形成されるからである。

長い間考えても、どのようにデータを変換 すればパターンが見えるのかがわからない。選択肢はあるのですが、どれもあまり好きではありません。一緒に何かを考えよう
Maxim Romanov  

これを実現する方法は2つあります。ただ、パターンのスケールが変わってしまうので、何とかしてスライディングウィンドウのスケールを変える必要があるのが、よくわからないところです。

テスターで動作するか?

Aleksey Vyazmikin  
Maxim Romanov:

これを実現する方法は2つあります。ただ、パターンのスケールが変わってしまうので、何とかしてスライディングウィンドウのスケールを変える必要があるのが、よくわからないところです。

テスターで動作するか?

どのような選択肢があるのでしょうか?

Aleksey Ivanov  
Maxim Romanov:
ずっと考えていたのですが、どうデータを変換すればパターンが見えるのか、まだわかっていません。選択肢はあるのですが、どれもあまり好きではありません。一緒に何か考えましょう。
アルゴリズムについてはまだ考えていないのですが、見込みがあると感じています。そして、ほとんどの場合、この作業だけでは本当に上げるのは難しいでしょう。
Maxim Romanov  
Aleksey Vyazmikin:

その選択肢とは?

最初のものはずいぶん前に開発しました。縦にn点のウィンドウを作り、それを2で割って、真ん中から作業を開始します。そして、価格が一段高になれば上に、一段安になれば下に縦線を引いていくのです。価格が5ポイント上昇し、次に7ポイント下降した場合、下向きに縦線を引き、2回目の価格のところで線を少し濃くします。つまり、パレットをグラデーションで分割し、ある地点での価格の上昇回数が多いほど、そこの画素を濃くするのです。価格の振幅がウィンドウの縦サイズより大きくなったら、前の行の右側に新しい行を開始する。このようなものが出てくるはずです。

仕事のいくつかのバリエーションがあります:1-次の垂直線は、価格が上昇している場合は真ん中から、または下から、または価格が上昇している場合は上から開始しますが、次の行の動きの方向を反転させる(価格が上昇した場合、次に下に描画します)。画面の縦寸法をpips単位で区切り、数回折り返した長い線が出るのが理想的です

2- 新しい行で価格が逆行した場合、前の行に戻るかどうか。私自身は前の路線に行きたい気持ちもありますが、調整をして様子を見たほうがいいと思います。

こうすることで、価格がどのようにいくつかのポイントを訪れ、線が太くなり、パターンが見えるかもしれないことを明確に見ることができる。すべての操作はポイント・バイ・ポイントで行われるべきで、もしローソク足が来ても価格が動かなかったら、何のステップも踏んでいないことになる。設定では、ステップサイズをpips単位で設定し、それ以下では動きを無視するようにします。

着色は、明から暗へのグラデーションだけでなく、古くからの色でも可能です。同じポイントを2回訪れる間に時間が経過すればするほど、色はパレット内を移動することができます。ここでは時間は考慮されないので、行った歩数をカウントするのがよいでしょう。仮に、この時点で価格が2段階下がっていれば、色は似ていますが、100段階なら、パレット上の赤から紫にシフトします。

昔、このためにToRも作ったので、必要なら探しますよ。

Aleksey Ivanov  
Aleksey Ivanov:
これはあくまでアイデアであり、アルゴリズムはまだ考えていませんが、ここにかなりの見込みがあるような気がしています。そして、ほとんどの場合、この課題だけでは、確かに難しいでしょう。
一般に、フラクタルとは、異なるスケールで繰り返されるパターンのことである。この規則性は、必ずしもフーリエ・スペクトルではなく、畳み込み(私の意見では、畳み込みの方が適している)あるいは他の方法で、引用史の周波数スペクトルから探さなければならないかもしれない。すべてクラスター化し、調査し、どうなるかを見る。あるいは、誰かがすでにすべてを研究しているかもしれません。つまり、レビューの論文のアブストラクトを見るのです。
Aleksey Vyazmikin  
Maxim Romanov:

最初のものはずいぶん前に開発しました。縦にn点のウィンドウを作り、それを2で割って、真ん中から作業を開始します。そして、価格が一段上がれば上に、価格が一段下がれば下に縦線を引きます。価格が5ポイント上昇し、次に7ポイント下降した場合、下向きに縦線を引き、2回目の価格のところで線を少し濃くします。つまり、パレットをグラデーションで分割し、ある地点での価格の上昇回数が多いほど、そこの画素を濃くするのです。価格の振幅がウィンドウの縦サイズより大きくなったら、前の行の右側に新しい行を開始する。こんな感じになるはずです。

解析の窓をどうするかは明確ではなく、縦線の 本数もそれに依存しているので、比較は可能です。フラクタルというより密度に近いような...。

Maxim Romanov  
Aleksey Ivanov:
一般にフラクタルとは、異なるスケールで繰り返されるパターンを指します。この規則性は、引用履歴の周波数スペクトル(必ずしもフーリエスペクトルである必要はなく、コンボリューション(より適切と思われる)か他の方法で分配されるかもしれない)で探索されなければならないのかもしれない。すべてクラスター化し、調査し、どうなるかを見る。あるいは、誰かがすでにすべてを研究しているかもしれません。つまり、レビューの論文のアブストラクトを見るのです。

周波数帯域を試したところ、尺度の違いでスペクトル密度が最後に浮いてしまう。つまり、異なるスケールでは、楽器はそれ自身に見えるかもしれないし、見えないかもしれないのです。スペクトルは時間とともに大きく浮き上がり、ある周波数が残ったり残らなかったり、振幅も浮き上がったりします。タイムサンプリングが強く、ランダムな要素が多い。誤ってサインをオーバーサンプリングしてしまうと、サインに戻すのは非常に困難です。それはこちらも同じです。時間的サンプリングはランダムサンプリングに等しい。それが、スペクトル密度を決定する上での大きな問題点です。

このトピックの詳細市場は調和的かもしれないが、むしろヴァイエルシュトラッセ関数のように見える(それはフラクタルである)。スペクトルに分解すると、ある周期の内側、つまり完全なサイクルを経ていない場合は未来が予測できないが、シンソイドで構成されているという点で似ている。ここからが似てるんですよね。市場で最も小さい周波数の周期は常に増加している。つまり、取引が発生すると周期が増加する高調波が常に一定数存在し、新しい取引が発生すると内部に新しい周波数が現れるのである。つまり、市場が発展するにつれて、高調波の数が計算され、その周期が長くなっていくのです。1取引1回から始まり、回数も1回となります。

価格を正しく離散化するにはどうしたらいいか、私も考えています。

Maxim Romanov  
Aleksey Vyazmikin:

解析のウィンドウをどうするかは明確ではなく、比較できるようにするためには、縦線の 本数がこれに依存する。フラクタルというより密度に近いような...。

というのが問題で、はっきりしないんです。ほとんどの場合、ウィンドウはフローティングピッチと一緒にフローティングされているはずです。思いついたのは、密度を安定させたまま、その下の窓のピッチや幅を変えることです。

理由: