Yuriy Khrustalov  

誰が、どのように市場参入を 決定するのか?

私の予想はほとんど間違いがないのですが、なぜか自分で追えないのです、どなたか説明してください。

ここに スクリーンショットがあります

Vladimir Karputov  
Yuriy Khrustalov:

誰が、どのように市場参入を 決定するのか?

私の予想はほとんど間違いがないのですが、なぜか自分で追えないのです、どなたか説明してください。

....

このリンクは間違っているというか、あなたにしか見えません。必要であれば-スクリーンショットを挿入して、それについて質問してください。
Alexandr Murzin  
Yuriy Khrustalov:

誰が、どのように市場参入を 決定するのか?

私の予想はほとんど間違いがないのですが、なぜか自分で追えないのです、どなたか説明してください。

https://www.mql5.com/ru/users/kapitan/charts

心理的な要因胸に100g、レッツゴー!
Vitaly Muzichenko  
Yuriy Khrustalov:

誰が、どのように市場参入を 決定するのか?

私の予想はほとんど間違いがないのですが、なぜか自分で追えないのです、どなたか説明してください。

https://www.mql5.com/ru/users/kapitan/charts

このような状態で一週間を終え、実際、予想では預かり金に+40%程度でマイナスでした。

ムカつくんだよ。

私はいつも、ある予測を読んだ後、そのような問題に直面します。週明け、「сцлко.net」に掲載された今週の見通しでは、ポンドは1,60を割ることは難しく、ユーロは1,20前後で強くなるとされている。

しかし、読んでみてこの無意味さが本当に理解できました。そして、上司から電話があり、私のこれまでの成績は良好だと言い、ポンドについての予測をし始めました。会話の中で、彼は「今週はずっとポンドが上がる」と主張したが、私は「成長するための前提条件がない」と反論した。

そして、中国の統計が安定した市場を台無しにする-私は怖くなります。

その結果、私が聞いたこのくだらない話とAUDの大きな動きは混乱し、その結果、すべてのオープンポジションの後、そしてほとんどありませんでした(恐怖)私は最小のプルバックで閉じました。そういえば、ユーロとポンドは「上がる」んでしたね。

そうやって甘やかされた一週間は、誰の言うことも聞かなければ、トレードにはもってこいだった。私は最初の1年間は市場にいませんでしたが、お金のことになると、それを失うことへの恐怖を抑えられなくなるのです。

結論

1.他人の意見に耳を傾けないこと、特にブローカーが出すような予測を使わないこと。

2.100%ストップをかけ、N%以上の預金を働かせない。

2.損失を受け入れ、それをビジネスのコストとして受け入れることを学ぶことが重要です。

シグナルを確認したら、オープン。)ストップをかけて、損切りをするんです。すべて順調で、トレーディングシステムを強化したところです。

あなたは再び信号を参照してください - に行く、利益を上げる - 素晴らしいが、あなたが尾で市場を押しつぶしたとは思わないでください。次のトレードは再びストップ付きで、ストップは動かさない。

ストップ:ストップはテイクより発動しやすく、これは価格のプルバックによるもので、ストップは1つですが、テイクは3倍大きく、価格がこちらに動けば、ストップは通常動き始め、その結果、誤ったエントリーで価格がストップに到達することになりますが、損失は大きくなります。このような損失が発生すると、トレーダーは取引をする代わりに、ただ座って相場を予測することになる。

このテーマについて、私はたくさん書くことができるが、結論はあなた次第である。損失を受け入れること、そしてポジションを建てる時に計画していた損失を受け入れることを学ぶことが重要です。

彼は、FXに来たのは損失を出すためではなく、稼ぐためだと言い、言い換えれば、数年間ストップをかけず、ポジションを建てるときに損失のことは考えず、常に利益だけを考えているのです。

Yuriy Khrustalov  
Vitaly Muzichenko:

そんな感じで今週いっぱいはマイナスで締めて、デポまで+40%くらいの予想です。

ムカつくんだよ。


ストップロスがあれば黒字、なければさらに赤字、そしてチャート(予想)に従って黒字なら損失を出さずに決済、ストップロスを出さなければ赤字になる。

どうしたらいいのか、決めかねています。

Vitaly Muzichenko  
Yuriy Khrustalov:

ストップロスがあれば黒字、なければさらに赤字、そしてチャート(予言)に従って黒字なら損切りなし、なければ赤字です。

どうしたらいいのか、決められない。

ストップロスをうまく使えば、良いロットで市場に参入することができ、1つのポジションからかなりの利益が得られるからです。 平均化でストップをかけない場合、平均化するものがなくなり、価格が修正されるため、かなり小さいロットで参入しなければなりませんが、損失は非常に速く拡大し、資金が足りなくなる可能性があるからです。さらに、小ロットでエントリーして平均化すれば、正しい動きで非常に小さな利益を得ることができますが、動きが自分の方向と違う場合は、平均化を開始することになります。しかし、1つだけ微妙な点があります。月曜日に平均を開始し、木曜日に損益分岐を迎えるのです。残るは金曜日...1週間で3~5ポジションを失い、何を稼いだのか?そして、1年間でどれくらいの収入を得られるのか?
Yuriy Khrustalov  
Karputov Vladimir:
指定されたリンクが間違っている、というか、自分しか見えていない。必要であれば、スクリーンショットの画像を挿入し、この画像に対して質問をしてください。
リンク先を更新しました。そこには多くのスクリーンショットがあり、始まりや予測の傾向をたどることができます ))
Vitaly Muzichenko  
Vitaly Muzichenko:
通常のストップでは、通常のロットで市場に参入することができ、利益は1つの取引からかなりのものになりますが、あなたが平均化で停止せずに動作する場合、その後、いくつかの平均化の後に平均化することは何もないでしょうから、はるかに小さいロットで入力する必要があり、価格は所望の補正に行くという事実ではなく、損失は非常に高速で成長している、あなただけの十分なお金を持っていないかもしれません。さらに、小ロットでエントリーして平均化すれば、正しい動きで非常に小さな利益を得ることができますが、動きが自分の方向と違う場合は、平均化を開始することになります。しかし、1つだけ微妙な点があります。月曜日に平均を開始し、木曜日に損益分岐を迎えるのです。残るは金曜日...1週間で3~5ポジションを失い、何を稼いだのか?そして、1年間でどれくらいの収入を得られるのか?

また、ロット/ロスの事前計算をしないまま取引してしまったこともあり、エントリーするロットが適切かどうか、ストップレベルでいくら損をするか、口座にいくら残るかがわからない状態で取引するのは、道徳的に非常に不安なことです。少なくとも長期的には、この最初のものがないとトレードはできないし、あらかじめ見積もっておかなければならないのです。以前は、間違った動きをしたとき、損失額を見たとき、いつも動揺し、悲しくなり、なぜ一つのトレードでこんなに口座が減るのか理解できず、再び市場に入るのが怖くなり、何日もチャートをつつき、いくつかの予測を立て、チャートに 21の指標を 表示し、レベルをプロットしました。もう一度エントリーしてみると、値段が変わっていたようで、逃げ腰になっていましたが、私は負けずに稼ぎに来たのです。

そして、2つのアカウント、1つは1日で、午後から夜中まで、2つ目は長い間、どこか3日前後、私は再びそれを失うことを恐れていた、わずか数回の取引があった)。

その後、空の口座でずっとチャートを見て、いくつかレベルを作って分析しただけですが、お金を入れるのは怖かったです。

多くのフォーラムを読んだ後、私はデモ口座を開くことにしました。そこには50ドルしか残っておらず、タイトなストップで作業を開始しました。そこでまたいろいろな知恵を絞って、1/2.5を切ってはいけないという結論に達し、徐々に口座が増えていった。

この後、私の取引は、ショートストップ、1/2.5より低くないテイクで構成されています。もし、ポジションを建てるときに、私の持ち越しレベルまで価格が発展する可能性がないと判断した場合、あるいは1/1しか見えない場合は、エントリーせずに次のシグナルを待つことにしています。ポジションを開くたびに、自分がいくら損をしているのかが1セント単位でわかるので、モラルに反しない、「笑顔で」次のポジションに入る。でも、すべてをカウントしてくれるインジケーターに助けられて、精神的な疲れも取れ、5連敗しても、もう覚悟を決めて冷静にトレードしています。

Yuriy Khrustalov  
Vitaly Muzichenko:

私もロット/ロスの事前計算をせずに取引をして嫌な思いをしたことがあります。エントリーするロットが適切かどうか、ストップレベルでいくら損をするか、口座にいくら残るかが分からない状態で取引するのは、道徳的に非常に不安なことです。少なくとも長期的には、この最初のものがないとトレードはできないし、あらかじめ見積もっておかなければならないのです。以前は、間違った動きをしたとき、損失額を見たとき、いつも動揺し、悲しくなり、なぜ一つのトレードでこんなに口座が減るのか理解できず、再び市場に入るのが怖くなり、何日もチャートをつつき、いくつかの予測を立て、チャートに 21の指標を 表示し、レベルをプロットしました。もう一度エントリーしてみると、値段が変わっていたようで、逃げ腰になっていましたが、私は負けずに稼ぎに来たのです。

そして、2つのアカウント、1つは1日で、午後から夜中まで、2つ目は長い間、どこか3日前後、私は再びそれを失うことを恐れていた、わずか数回の取引があった)。

その後、空の口座でずっとチャートだけ見て、いくつかレベルをつけて分析しましたが、お金を入れるのが怖くてできませんでした。

多くのフォーラムを読んだ後、私はデモ口座を開くことにしました。そこには50ドルしか残っておらず、タイトなストップで作業を開始しました。そこでまたいろいろな知恵を絞って、1/2.5を切ってはいけないという結論に達し、徐々に口座が増えていった。

この後、私の取引は、ショートストップ、1/2.5より低くないテイクで構成されています。もし、ポジションを建てるときに、私の持ち越しレベルまで価格が発展する可能性がないと判断した場合、あるいは1/1しか見えない場合は、エントリーせずに次のシグナルを待つことにしています。ポジションを開くたびに、自分がいくら損をしているのかが1セント単位でわかるので、モラルに反しない、「笑顔で」次のポジションに入る。でも、全部カウントしてくれるインジケーターに助けられて、精神的な疲れも取れて、5連敗しても、もう覚悟を決めて冷静にトレードしていますよ。

秘密でないなら、どんな指標?

Georgiy Merts  

皆さん、MQLのフォーラム、どこですか?

予測に従う、従わないとはどういう意味ですか?

楽器動作の統計(主に「技」)がある。プラスマクロ経済指標(主に「ファンダメンタルズ」)。それだけです。それ以外のデータはありません。ですから、トレーダーができることは、いくつかの規則性を識別し、それに基づいてTSルールを開発し、(できればExpert Advisorの手で)実行することです。

でも、これを読んで、人は左足のかかとの思い通りにトレードするようになりました。なぜここでトレードが始まったのか、なぜそこにレベルがあるのか、と問えば、誰かが賢明な答えを返してくれるかもしれない...。

私の友人たちよ、これではお金を稼ぐことはできない!貿易はTSの鉄則に従わなければならないし、ルール自体も-とりわけ-「適用条件」、つまり、機能しなくなる条件、取り替えなければならない条件を備えていなければならないのだ。

どうして「大きく止めるか、止めないか」と言えるのでしょうか? ストップはTSの規定通りでなければなりません。日の目を見ないように」置くことはできない。小さくてもいいし、大きくてもいい。一般に、停車駅がないと......そんなTSは見たことがない、これらのノンストップ系はすべて履歴で負けるのだ。もう一つのバリエーションは、ストップの代わりにロックが置かれているが、実は同じストップでも「将来のための保証金付き」である。

ダニク・モグチ・ギアバタの道を歩むべからず!そこで得られるのは、失望とせいぜい損失だけです。というか、ゴミ捨て場ですね。

Vitaly Muzichenko  
George Merts:

皆さん、MQLのフォーラム、どこですか?

予測に従う、従わないとはどういう意味ですか?

楽器動作の統計(主に「技」)がある。プラスマクロ経済指標(主に「ファンダメンタルズ」)。それだけです。それ以外のデータはありません。ですから、トレーダーができることは、いくつかの規則性を識別し、それに基づいてTSルールを開発し、(できればExpert Advisorの手で)実行することです。

でも、これを読んで、人は左足のかかとの思い通りにトレードするようになりました。なぜ、ここでトレードが始まったのか、なぜレベルがあるのか、と問えば、誰かが賢明な答えを返してくれるかもしれない......。

私の友人たちよ、これではお金を稼ぐことはできない!貿易はTSの鉄則に従わなければならないし、ルール自体も-とりわけ-「適用条件」、つまり、機能しなくなる条件、取り替えなければならない条件を備えていなければならないのだ。

どうして「大きく止めるか、止めないか」と言えるのでしょうか? ストップはTSの規定通りでなければなりません。日の目を見ないように」置くことはできない。小さくてもいいし、大きくてもいい。一般に、停車駅がないと......そんなTSは見たことがない、これらのノンストップ系はすべて履歴で負けるのだ。もう一つのバリエーションは、ストップの代わりにロックが置かれているが、実は同じストップでも「将来のための保証金付き」である。

ダニク・モグチ・ギアバタの道を歩むべからず!そこで得られるのは、失望とせいぜい損失だけです。というか、ゴミ捨て場ですね。

このトピックはTSの話ではなく、なぜTSでトレードを開くことに恐怖があるのかを聞いているのであって、心理的な問題なのです。
理由: