記事"グラフィカルインターフェイスを備えたエキスパートアドバイザ : 機能の設定(第2部)"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes Software Corp.
モデレーター
200069
MetaQuotes Software Corp.  

新しい記事 グラフィカルインターフェイスを備えたエキスパートアドバイザ : 機能の設定(第2部) はパブリッシュされました:

これは手動取引のためのマルチシンボルシグナルエキスパートアドバイザーの作成に関する記事の第2部です。私たちはすでにグラフィカルインターフェースを作成しました。この記事では、インターフェースとプログラムの機能を融合させる方法について説明します。

下のgifで次のことがわかります。USDを含むforex-symbolsのリストが表に生成されます。次に、EURを含むシンボルリストを素早く作成します。これを行うには、 入力フィールドのSymbols filter『EUR』と記入し、Requestボタンをクリックします。サーバ上のUSDとEURの通貨を持つシンボルを全て表示する場合は、これらの通貨をコンマで入力する必要があります(「USD、EUR」)。

 図5  - 外国為替記号のリストを作成する。

図3.外国為替記号リストを作成する。

Timeframesコンボボックスで指定した期間でインジケータハンドルの取得と外国為替記号のリストの作成が行われます。ドロップダウンリストで別の期間を選択する場合は、新しいハンドルを取得して表の値を更新する必要があります。このためには、CProgram::ChangePeriod()メソッドが必要です。コンボボックス識別子が来たら、まずグラフィックスオブジェクトの時間枠を更新します。それから、表内のすべてのシンボルのハンドルとインジケータデータを取得し、その後、変更を表示するように更新します。

作者: Anatoli Kazharski

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください