記事"ローソク足分析技術の研究(第4部): パターンアナライザーの更新と追加"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes Software Corp.
モデレーター
208850
MetaQuotes Software Corp.  

新しい記事 ローソク足分析技術の研究(第4部): パターンアナライザーの更新と追加 はパブリッシュされました:

本稿では、パターンアナライザーアプリケーションの新しいバージョンについて説明します。このバージョンでは、バグ修正と新機能、そして改訂されたユーザーインターフェイスが提供されています。新しいバージョンを開発するときに、前の記事からのコメントと提案が考慮されました。結果として得られたアプリケーションは、この記事で説明されています。

ユーザーインターフェイスは、あらゆるアプリケーションの重要な部分です。適切に準備されたインターフェイス構造により、アプリケーションはより効率的に使用されるようになります。新しいアプリケーションの外観を以前のものと比較します。[Analysis]タブから始めましょう。なぜ改善が必要だったのでしょうか。

図1 前のバージョンの[Analysis]タブのインターフェイス

ポイント1: タブの配置と寸法

図1では、1とマークされているタブがウィンドウ上部にあります。ここの右上の部分は空で使用されていませんが、この部分はタブを追加するのに十分ではありません。テキストのフォントが小さすぎます。これら3つのタブはウィンドウの左側に移動され、垂直に配置されて見やすくなりました。さらに、セクションを追加するための追加のスペースがあります。

ポイント2: パターンテストの結果を含む表

この視覚データの提示はあまり効率的ではなかったので、フォント、行の高さ、表サイズを大きくして、読みやすくしました。

ポイント3: 現在の時間枠の選択

すべてのパターンの選択構造([Timeframe] -> [Result])はテスト結果の視覚的表示を制限します。これを改善するために、分析されたパターンの個々の選択と同様に、複数時間枠選択オプションを開発します。これにより、パターンの使用をより柔軟にカスタマイズできます。 

ポイント4: サンプリング範囲

前のバージョンで実装されたアイデアは、現在のデータから履歴の中で特定の数のローソク足までの範囲でテストすることでした。ある日付から別の日付までのより具体的な選択はできませんでした。そのため、範囲選択方法を見直します。以下の図2は、上記のすべての問題と考えられる改善点の解決方法を示しています。

作者: Alexander Fedosov

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください