Максим  

同じようなトピックが見当たらない。

ToRに正しくパルスを記述する方法を教えてください。

グラフの見え方はわかるし、指でも説明できるのですが、紙に簡潔に書くとなると、なかなか想像がつきません。

よろしくお願いします。

Vitaly Muzichenko  
Максим:

同じようなトピックが見当たらない。

ToRに正しくパルスを記述する方法を教えてください。

グラフの見え方はわかるし、指でも説明できるのですが、紙に簡潔に書くとなると、なかなか想像がつきません。

ありがとうございました。

そこで、あなたが理解したとおりに記述し、スクリーンショットを添付してください。おそらく、X時間でNポイントの価格変動があるのでは?

Maxim Romanov  
Максим:

同じようなトピックが見当たらない。

ToRに正しくパルスを記述する方法を教えてください。

グラフの見え方はわかるし、指でも説明できるのですが、紙に簡潔に書くとなると、なかなか想像がつきません。

よろしくお願いします。

せめてインパルスの写真を添付して、何を言っているのかはっきりさせてください。

Максим  
Vitaly Muzichenko:

どのように理解したかを記述し、スクリーンショットを添付してください。おそらく、X時間でNポイントの価格変動があるのでは?

その説明というか、本来は補助指標 を使わない視覚的な描写を考えていたのですが......。小さな影、大きな体、など。そのため、各パルスの説明とスクリーンショットになり、数ページかかる+全てを説明しきれないということになります。だからヒントを求めたんだ、一般的な簡潔な記述があるのかもしれない。

Ivan Butko  
Максим:

同じようなトピックが見当たらない。

ToRに正しくパルスを記述する方法を教えてください。

グラフの見え方はわかるし、指でも説明できるのですが、紙に簡潔に書くとなると、なかなか想像がつきません。

よろしくお願いします。

1.TSパスファインダーからニコルスキー法。
- 5EMAが20を越える=現在の波動レベルのインパルス
- 5が20に変わるが、それを超えない - TF下限レベルの修正(TFの倍数-4)。
- 5EMAが20を越えて戻るが、インパルスの始まりを突破しない=現在の水準訂正=現在のTFは横ばい。

Максим  
Ivan Butko:

1.TSパスファインダーのNikolskiの方法。
- 5EMAが20を越える=現在の波動レベルのインパルス
- 5が20に変わるが、それを超えない - TF下限レベルの修正(TFの倍数-4)。
- 5EMAが20を越えて戻るが、インパルスの始まりを突破しない=現在の水準訂正=現在のTFは横ばい。

この方法論からすると、5本のEMAが20本とクロスしたときがモメンタムだと思うのですが、それだけでしょうか?

Aliaksandr Hryshyn  
Максим:

同じようなトピックが見当たらない。

ToRに正しくパルスを記述する方法を教えてください。

グラフの見え方はわかるし、指でも説明できるのですが、紙に簡潔に書くとなると、なかなか想像がつきません。

よろしくお願いします。

インパルス定義の原理を、正確な値で規定すべきです。ローソク足のサイズ、ローソク足間の距離(水平・垂直)、時間間隔、指標線の交差などの イベント、シグナルの出現などを正確に数値化しています。
Alexey Volchanskiy  
Максим:

それは、次のようなものです。

しかし、この写真からは、インパルスとは何か、その基準は何なのか、よくわからない。大きなローソクだけが見えている。

Ivan Butko  
Максим:

この方法論からすると、5EMAが20を超えたらモメンタムで、それで終わりということでしょうか。

そう、シンプルなんです。しかし、インパルスと修正を区別するためには、波のレベルの概念を維持する必要があります。VU - この概念を定義するのは難しいが、波の大きさ、サイズ、寸法、年齢、クラスなどの同義語で表現することが可能である。

すなわち、上昇の動きがあり、次の下降の動きがあるのです。2番目の(反対の)動きが最初のベースを突破していない限り、それはそこにある - 補正。しかし、2つ目の動きと反対の3つ目の動きが始まると、2つ目の動きが1つ目の動きに対して衝動的になってしまう。そして、動きを区別して同じ言葉で話すために、「基準点」、つまりタイムフレームとの結合、すなわち波動レベルの概念を導入するのです。

このように

タイムフレームは1時間です。

- 5本のEMAが20本とクロス=H1インパルス
- 5が20に変わるが、それを超えない - 波動H1の下位TF - M15(TFの倍数-4)のレベルの修正。TF M15に移行すると、その上でH1の修正がすでにM15のインパルスとなる。
- H1では5が20に戻るが、インパルスの始まりを突破しない=現在の水準訂正=現在のTFフラット=H1訂正・フラット

Максим  
Aliaksandr Hryshyn:
運動量定義の原理を厳密な値で規定すべきです。正確な値は、ローソク足のサイズ、ローソク足間の距離(水平および垂直)、時間間隔、指標線の交差などのイベント、シグナルの出現、などです。

私はあなたが正確に説明する必要があることを理解しますが、それは設定の全体のリストに変わるだろう、各楽器に同じ大きさと異なる時点で別のものを示すとしましょう、例えば、日中は作業値動きですが、夜間は、すでにボラティリティが増加しているです。

理由: