記事"トレードシグナルの多通貨監視(パート2):アプリケーションのビジュアル部分の実装"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes
モデレーター
220876
MetaQuotes  

新しい記事 トレードシグナルの多通貨監視(パート2):アプリケーションのビジュアル部分の実装 はパブリッシュされました:

前回の記事では、アプリケーションフレームワークを作成し、以降のすべてのタスクの基礎としました。 このパートでは、開発工程を進めます: アプリケーションのビジュアル部分を作成し、インターフェイス要素の基本的な相互作用を構成します。

プロジェクトを再度コンパイルし、結果を表示します。

図13 シグナル編集ウィンドウのUI要素の相互作用の実装


トレーディングシグナルモニター

この開発段階の直近のステップは、未来のトレードシグナルモニターのウィンドウを作成することです。 また、現在のバージョンで既に実装されている基本設定も考慮する必要があります。 作成する前に、要素がどのような目的で作成されているかを読者が理解できるよう、タスクを設定しましょう。

  • 最初のステップで選択したシグナルのテキストラベルを使用して行を作成します。
  • 2 番目のステップで選択したタイムフレームのテキストラベルを使用して、見出し列を作成します。
  • 作成した要素の行と列に合わせてウィンドウのサイズを変更します。 自動サイズ変更の一種。

作者: Alexander Fedosov

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください