記事"HTMLとCSVレポートに基づいて多通貨トレードヒストリーを可視化する方法"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes Software Corp.
モデレーター
208051
MetaQuotes Software Corp.  

新しい記事 HTMLとCSVレポートに基づいて多通貨トレードヒストリーを可視化する方法 はパブリッシュされました:

このテーマのイントロダクションをしてから、MetaTrader5は多通貨テストオプションを提供するようになりました。 この可能性は、多くの場合、トレーダーにとって有用です。 しかし、この機能は完璧ではありません。 この記事では、HTML および CSV トレードヒストリーレポートに基づいてチャート上にグラフィカル オブジェクトを描画するためのプログラムを紹介します。 多通貨トレードは、動的切り替えコマンドを使用して、複数のサブウィンドウだけでなく、1つのウィンドウで並行して分析することができます。

このスクリプトをテストするために、シグナルヒストリーを持つ CSV ファイルをダウンロードしました。 次のようになります (メイン チャートは最小化されます)。

複数通貨トレードを分析する際の複数のサブチャートレポーターインスタンス

複数通貨トレードを分析する際の複数のサブチャートレポーターインスタンス

生成されたオブジェクトには、レポートの詳細 (トレード番号、数量、利益、およびコメント) を含む説明が提供されます。 詳細を表示するには、チャートの設定で "オブジェクトの説明" を有効にします。

タスクシンボルの数が多い場合は、サブウィンドウ サイズが小さくなります。 全体像を提供していますが、詳細は難しいかもしれません。 各トレードを分析する必要がある場合は、メインウィンドウを含め、できるだけ多くのスペースを使用します。 このために、サブウィンドウを使用する代わりにメインチャートにトレードを表示するSubChartReporterインジケータの新しいバージョンを作成してみましょう。 これをメインチャートレポーター(MainChartReporter)と呼びましょう。

作者: Stanislav Korotky

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください