VPSの仕組み

FX専用ホスティングサーバーのレンタルと管理

仮想ホスティングウィザードを起動します(ナビゲータ - 取引アカウントのコンテキストメニュー - [仮想サーバーの登録])。

MetaTrader VPSは数回のクリックでプラットフォームから直接レンタルされます。

ブローカーに最も近いアクセスポイントが自動的に検索され、いくつかのサービスプランが提供されます。初めてこのサービスを利用する場合は、24時間の無料サービスが提供されます。後は、データ移行モード(指標とロボット、シグナル、またはすべて)を設定するだけです。


準備完了です。取引口座と、その設定、チャート、ロボット、サブスクリプションはすべて仮想マシンで起動されます。[ナビゲータ]ウィンドウの取引口座番号には遠隔サーバーの名前が表示されます。

レンタルされたサーバーは、常に[ナビゲータ]ウィンドウの取引口座の下にあります。

取引環境が変更された場合は、デスクトッププラットフォームと仮想プラットフォームを同期させてください。新しいシグナルを購読したとします。適切なエントリがナビゲータウィンドウに表示されます。コンテキストメニューで[シグナルのみ同期]コマンドを実行して、仮想マシン上での取引のコピーを開始します。

仮想プラットフォーム上で取引シグナルの購読を開始するには、それをデスクトップと同期させます。

ロボットを起動する場合は、デスクトッププラットフォームの目的のチャートに追加して[エキスパートアドバイザー、指標、およびシグナルを同期]を実行します。これで、ロボットとシグナルの両方が仮想マシン上で同時に実行されるので、ホスティングで、ロボットを起動して任意のシグナルをコピーすることができます。

MetaTrader VPSの管理方法

リソースを管理したり、遠隔マシンをプラットフォーム(ナビゲータ - 取引アカウントの詳細メニュー - [詳細])から直接起動および無効化したりすることが可能です。同期コマンドとは別に、CPU、ディスクスペース、RAMの使用量に関するデータが表示されます。

[詳細]ウィンドウでは、仮想サーバーを同期させ、ネットワークリソースの使用状況の統計を確認できます

ログには、一定の時間内に実行されたすべてのアクションが表示されます。ロボットによる取引、リソース消費の統計、お客様によるホスティング管理に関するエントリなどの、すべての包括的な情報がここにあります。

ログには、一定の時間内に実行されたすべてのアクションが表示されます。

下記はホスティングの管理に関するビデオです。


今すぐMetaTrader VPSをレンタル >>