記事"トレードにおけるOLAPの適用(パート3):トレード戦略の開発の相場分析"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes
モデレーター
220784
MetaQuotes  

新しい記事 トレードにおけるOLAPの適用(パート3):トレード戦略の開発の相場分析 はパブリッシュされました:

この記事では、トレードに適用される OLAP テクノロジを引き続き取り扱います。 最初の 2 つの記事で紹介した機能を拡張します。 今回は、クオートの運用分析について検討します。シェイプセレクタ 集計されたヒストリーデータに基づいて、トレード戦略に関する仮説を打ち出し、テストします。 この記事では、バーパターンとアダプティブトレードを研究するためのEAを紹介します。

前の記事で実装された内容の簡単な概要を次に示します (この記事を読んでいない場合は、最初の 2 つの記事から始めることを強くお勧めします)。 このコアは、以下を含む OLAPcube.mqh ファイルに含まれていました。

  • セレクタとアグリゲーターのすべての基本クラス
  • ソースデータを使用したタスクレコードのクラス(抽象的な基本的な'Record'クラスと、トレードに関するデータを持つ特殊な'TradeRecord'子クラス)
  • さまざまな(抽象的な)データ・ソースを読み取り、タスクレコードの配列を形成するための基本的なアダプタ
  • アカウントトレードヒストリーヒストリーデータアダプタの特定のアダプタ
  • 結果を表示するための基本クラスとデータロギングを使用する最も簡単な実装 (Display、LogDisplay)
  • アダプタ、アグリゲータ、ディスプレイをリンクする Analystクラスの形式の単一のコントロールパネル

特定の HTML レポート関連フィールドが実装されている HTMLcube.mqh ファイルでは、HTML レポート HTMLTradeRecord と HTMLReportAdapter を生成するアダプターからのトレードのクラスが定義されています。

同様に、CSV レポートからのトレードの CSVTradeRecord クラスと、CSVReportAdapter 用のアダプターは、CSVcube.mqh ファイルに個別に実装されました。

最後に、MQL5プログラムとのOLAP統合を簡素化するために、OLAPcore.mqhファイルが書かれました。 デモ プロジェクトで使用する OLAP 関数全体の OLAPWrapper ラッパ クラスが含まれていました。

新しい OLAP 処理タスクは新しい領域を処理するため、既存のコードのリファクタリングを実行し、トレードヒストリーだけでなく、クオートやデータ ソースにも共通する部分を選択する必要があります。

作者: Stanislav Korotky

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください