記事"Net Framework および C# に基づくグラフィカル インターフェイスの開発 (パート 2): その他のグラフィカル要素"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes Software Corp.
モデレーター
208053
MetaQuotes Software Corp.  

新しい記事 Net Framework および C# に基づくグラフィカル インターフェイスの開発 (パート 2): その他のグラフィカル要素 はパブリッシュされました:

この記事は、前回の記事".Net Framework と C#に基づいてEAとインジケータのグラフィカルインターフェイスを開発する"のフォローアップです。 グラフィカルインターフェイスを作成するための新しいグラフィカル要素を紹介します。

2 番目のバージョン以降、コントローラーはメッセージ ボックスをサポートしています。 これは、標準的なユーザー情報要素です。 また、ユーザーにオプションを提供し、選択したオプションの形式で応答を受け取ります。

メッセージ ウィンドウのデモンストレーションを開始するには、EAを起動するときに Windows フォーム要素タイプ パラメータの [ボタンとメッセージ ボックス] オプションを選択します。 EAを起動すると、次のいずれかのオプションを選択するように求めるフォームが表示されます。

図3. メッセージ ボックスを呼び出すサンプル フォーム 

このフォームは、一連のものと同様に、デモンストレーション形式であるため、トレードロジックは装備されていません。 ただし、いずれかのボタンを押すと、EAは選択したアクションの確認を求めるアラートメッセージを送信します。 たとえば、[(SELL)売り] をクリックすると、次のメッセージ ウィンドウが表示されます。


図4. トレーディングEAは、新しいショートポジションを開くために確認

作者: Vasiliy Sokolov

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください