記事"OpenCL を使用したローソク足パターンのテスト"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes Software Corp.
モデレーター
205491
MetaQuotes Software Corp.  

新しい記事 OpenCL を使用したローソク足パターンのテスト はパブリッシュされました:

この記事では、OpenCL ローソク足パターンテスターを "1 分 OHLC " モードで実装するアルゴリズムについて説明します。 また、高速かつ低速の最適化モードで起動したビルトインストラテジーテスターとの速度を比較します。

OpenCL のテスターの実装が正しく動作することを確認するためにあるものに頼る必要があります。 まず、MQL5のEAを開発します。 次に、テストの結果と、OpenCL テスターが取得した正規のテスターを使用して最適化を比較します。

テストオブジェクトは、次のローソク足パターンをトレードするシンプルなEAです。
  • 弱気ピンバー
  • 強気ピンバー
  • 弱気反転
  • 強気反転

戦略はシンプルです。

  • 弱気ピンバーまたは弱気反転—売る
  • 強気ピンバーまたは強気反転-買い
  • 同時に開かれたポジションの数-無制限
  • 最大ポジション保持時間-制限付き、ユーザ定義
  • テイクプロフィットおよび ストップロス レベル-固定、ユーザ定義

パターンの存在は、完全に閉じられた足でチェックされます。 つまり、新しいものが出現するとすぐに、3つ前の足でパターンを詳しく見ることができます。

パターン検出条件は次のとおりです。

ピンバー

図1. 「弱気ピンバー」 (a) および「強気ピンバー」 (b) パターン

作者: Serhii Shevchuk

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください