• 概述
  • 评论
  • 评论

Currency Strength for MT5

機能:
■一目で現在の通貨の方向性と強弱が確認できます。
■15M,1H,4Hでの方向性を表示します。
■15M,1H,4Hでの方向が揃った場合にドットが表示されます。
■通貨の相関が揃った場合にドットが表示されます。
※相関はピアソン相関係数を使用しています。
より詳しい情報につきましてはこちらを参照してください。
https://www.mql5.com/ja/articles/5481
■通貨の強弱を表示します。
現時点でのボラリティーの状況を表示します。
過去20日/過去5日/今日のボラリティーを表示します。
■通貨ペアと通貨の強さを表示します。
通貨ペアでは左が買い候補、右が売り候補のペアになります。

各パラメータの説明:
--Indicator Setup--
▪Title:画面左上のタイトルを設定します。
▪Paraboric SAR Steps:パラボリックのStepsを設定をします。
▪Paraboric SAR Maximun:パラボリックMaximunを設定をします。
▪Time Frame used for Correlation:相関で使用される時間足を設定をします。
▪Correlation Level:相関係数を値を設定をします。
▪Correlation Level N:マイナスの相関係数を値を設定をします。
▪ADX Period:ボラリティーで使用されるADXの期間を設定します。
▪ADX main level:ボラリティーのレベルを設定します。
▪Time Frame used for Volarity:ボラリティーで使用されるMA の期間を設定します。
▪MA Period used for Currency Strength:通貨強弱で使用されるMA の期間を設定します。
▪Time Frame used for Currency Strength:通貨強弱で使用される時間軸を設定をします。
▪ATR Period 1:過去X日でのボラリティー ディフォルトは20日
▪ATR Period 2:過去X日でのボラリティー ディフォルトは5日
--Display Setup--
▪Up Color:上昇時の色を設定します。
▪Down Color:下降時の色を設定します。
▪Text Color:テキストの色を設定します。
▪Dot Color:ドットの色を設定します。
▪Font Type: フォントサイズを設定します。
▪Dot Font Size:ドットフォントサイズを設定します。
▪Font Type:フォントの種類を設定します。
--Currency Strength Display Setup-- 
▪Show Currency Strength:通貨の強弱を表示するかを設定します。
▪Horizontal position:通貨の強弱 X軸 を設定します。
▪Vertical position:通貨の強弱 Y軸 を設定します。
▪Update Frequency (seconds): 更新頻度、ディフォルトは10秒ごと
▪Print Logs:ログの出力を設定します。
こちらを有効にすることによりログがエキスパートログに出力されるようになります。
推荐产品
筛选:
无评论