記事"行列代数ライブラリ「 LibMatrix 」"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes Software Corp.
モデレーター
212295
MetaQuotes Software Corp.  

新しい記事 行列代数ライブラリ「 LibMatrix 」 はパブリッシュされました:

この記事では、行列代数ライブラリを簡単に紹介します。そして、その特徴について説明していきます。

複雑な自動売買システムを作成するために、様々な数学の分野を分析するのは当たり前です。その分野の1つは線型代数学です。

現在、線形代数計算手法に基づくMQL4で書かれたコードの収集が存在しません。

この記事では、主な行列演算を利用する行列代数ライブラリ「 LibMatrix 」について説明しています。

行列は、数や記号や式などを行と列に沿って矩形状に配列したものです。

最初にはすべてのソースコードがC++で書かれたのに、後でちょっと書き直されました。


3. 実際の使用例

多項式回帰モデルを作成する例を見てみましょう。

多項式回帰モデルが、degree次のf(x)=a[0]+a[1]*x+...+a[degree]*x^degree 多項式を求めることにあります。以下のように指定されているA[degree+1][degree+1]行列、または以下のように指定されているB[degree+1][1]右側のベクトルをもつ連立線型方程式を解くことで作成されます。A[i][j]=(x[0]^(i+j)+x[1]^(i+j)+...+x[numPoints]^(i+j))/numPointsB[i]=(y[0]*x[0]^i+y[1]*x[1]^i+...+y[numPoints]*x[numPoints]^i)/numPoints

この連立線型方程式を解くために、スクリプトを書きました(LibMatrixEx.mq4という添付ファイルをご覧ください)。このスクリプトは、多項式の外挿を実行します。多項式の値を求めて価格を予想できます。

スクリプトの機能の例

作者: Evgeniy Logunov

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください