MetaTrader 5プラットフォームビルド3300: MetaEditorでの高速コンパイルと改善されたコードナビゲーション

MetaQuotes
モデレータ
250816

2022年5月20日(金曜日)に、更新されたMetaTrader 5プラットフォームがリリースされます。

この新しいバージョンではMQL5言語機能を拡張しました。コンパイルで、コード最適化を使用した低速コンパイルと最適化を使用しない高速コンパイルの2つのモードがサポートされるようになりました。後者のオプションは、開発中のコードを迅速に検証するのに役立ちます。

その他のコードエディタの改善には、メソッド宣言にジャンプするための新しいコマンドと、「Tab」キーの自動置換オプションが含まれます。

 MetaTrader 5プラットフォームビルド3300: MetaEditorでの高速コンパイルと改善されたコードナビゲーション

さらに、MQL5のデバッグプロセスを容易にするために、ウォッチリストにローカル変数が自動的に表示されるようになりました。

これらの変更は、更新されたMetaTrader 5プラットフォームバージョンの他の新機能とともに、以下で詳細に説明されています。


  1. ターミナル: Rectangleグラフィカルオブジェクトの四隅のいずれかをドラッグしてサイズを変更する機能が追加されました。


    長方形のいずれかの角をドラッグして、長方形を変更します


  2. ターミナル: より高速なGUIレンダリング。
  3. ターミナル: IPv6アドレスのサポートが改善されました。
  4. ターミナル: プラットフォームの初回起動時に、低い日付フィールドの高さの計算と右側の価格フィールドの幅の計算を修正しました。
  5. MQL5: 行列とベクトルを操作するためのRegressionMetric関数が追加されました。回帰評価の指標を設定します。
     double vector.RegressionError(const enum lr_error);
     double matrix.RegressionError(const enum lr_error);
     vector matrix.RegressionError(const enum lr_error,const int axis);
    次の変数を指標として使用できます。
    enum REGRESSION_ERROR
      {
       REGRESSION_MAE,     // Mean absolute error
       REGRESSION_MSE,     // Mean square error
       REGRESSION_RMSE,    // Root mean square error
       REGRESSION_R2,      // R squared
       REGRESSION_MAPE,    // Mean absolute percentage error
       REGRESSION_MSPE,    // Mean square percentage error
       REGRESSION_RMSLE    // Root mean square logarithmic error
      };
  6. MQL5: INT_MAX(構造体の配列)より大きいデータサイズの配列を書き込む機能が追加されました。
  7. MetaEditor: タブバーの改善:

    • 1つのウィンドウだけが開いていても、パネルは非表示になりません。タブのコンテキストメニューコマンドは常にユーザーに表示されます。
    • 「X」閉じるボタンが各タブに追加されました。さらに、タブはマウスの中ボタンまたはコンテキストメニューを使用して閉じることができます。

    タブバーの改善


  8. MetaEditor: プログラムをすばやくコンパイルするためのコマンドを追加しました。このモードでは、コードの最適化がスキップされ、EX5実行可能ファイルの作成が大幅に高速化されます。記述されたコードをすばやくチェックする必要があるアクティブな開発段階で、このモードを使用します。プログラムの最終コンパイル中に、パフォーマンスを向上させるために最大最適化モードをオンにします。


    迅速なコード検証のために最適化されていないコンパイルを使用する


    プロジェクト設定の「最大最適化」パラメータは同じ機能を実行します。

    すべてのコンパイル関係操作は、[ビルド]メニューから利用できます。

  9. MetaEditor: コード管理の改善:

    • 定義と宣言にジャンプするための個別のコマンドが実装されています。以前は、メニューには選択サブメニューを開くコマンドが1つありました。新しいコマンドを使用すると、必要なコード部分にすばやく切り替えることができます。
    • 「Enter」に加えて、認識されたキーワードの「Tab」キーによる置換が追加されました。


    メソッド宣言にジャンプします


  10. MetaEditor: デバッガーのウォッチリストにローカル変数を自動的に表示する機能が追加されました。表示は、[ローカル]コンテキストメニューコマンドで有効にできます。デバッガー操作がコードを進めると、現在のスコープの変数が自動的にリストに表示されます。


    ウォッチリストでのローカル変数の表示

  11. MetaEditor: ベクトルと行列のデバッガーウォッチリストの改善。
  12. MetaEditor: プロジェクトファイルのパスを修正しました。エラーが発生すると、プロジェクトからファイルが消える可能性がありました。
  13. テスター: プラットフォームのシャットダウン時のテスターエージェントの停止が改善されました。
  14. テスター: 5番目のMQL5クラウドネットワークノードが追加されました。香港にあります。新しいノードは、最も近い地域のネットワークを介してロボットの最適化を高速化します。
  15. クラッシュログで報告されたエラーを修正しました。


更新はLive Updateシステムを介して利用できるようになります。