記事"最適化管理(パートII): キーオブジェクトとアドオンロジックの作成"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes Software Corp.
モデレーター
210684
MetaQuotes Software Corp.  

新しい記事 最適化管理(パートII): キーオブジェクトとアドオンロジックの作成 はパブリッシュされました:

本稿は、以前の最適化管理用のグラフィカルインターフェイスの作成に関する記事の続きです。本稿では、アドオンのロジックについて検討しています。MetaTrader 5ターミナルのラッパーが作成され、アドオンをC#を介した管理プロセスとして実行できるようにします。また、構成ファイルとセットアップファイルを使用した操作についても検討します。アプリケーションのロジックは2つの部分に分かれています。最初の部分では特定のキーを押した後に呼び出されるメソッドを記述し、2番目の部分では最適化の起動と管理を扱います。

本稿では、複数のターミナルで同時に最適化を管理ための便利なGUI作成プロセスについて詳しく説明します。前回の記事では、コンソールからターミナルを起動する方法を検討し、構成ファイルの説明が含まれていました。ここでは、ターミナルのC#ラッパーの作成に進みます。これにより、サードパーティプロセスとしての最適化管理が可能になります。以前に検討されたGUIにはロジックがなく、アクションを実行できませんでした。できるのは、押されたキーのテキストをコンソール(起動元)に出力することだけでした。本稿ではGUIイベントを処理するロジックが追加され、組み込みロジックが実装されます。ファイルを操作する多くのオブジェクトが作成されます。ファイルを操作する代わりに、これらのオブジェクトを介してプログラム操作のロジック部分を実装できるようになるので、操作が簡単になり、コードがわかりやすくなります。本稿では、アプリケーションは最終的にビデオに示されている形式を取ります。


作者: Andrey Azatskiy

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください