記事"MetaTrader5 での MATLAB 2018 計算関数の使用"についてのディスカッション

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください
MetaQuotes Software Corp.
モデレーター
206578
MetaQuotes Software Corp.  

新しい記事 MetaTrader5 での MATLAB 2018 計算関数の使用 はパブリッシュされました:

2015年にMATLAB パッケージがアップグレードされた後、DLL ライブラリを作成する最新のメソッドを検討する必要がありました。 この記事では、サンプルの予測インジケータを使用して、現代の64ビットバージョンのプラットフォームを使用して MetaTrader5 と MATLAB をリンクするメソッドを説明します。 MATLAB の接続シーケンス全体を考慮することにより、MQL5 開発者は速く高度な計算機能があるアプリケーションを作成し、«落とし穴»を回避することができます。

このインジケータのパフォーマンスは、メタトレーダープラットフォームによって提供される EURUSD H1 トレードデータでテストしました。 それほど大きくないデータ・セグメントを選択しました (450ユニット)。 長期間の "シーズナル " は、28、30および32のユニットに等しいラグがテストされました。 32ユニットの期間のラグは、ヒストリーの考慮された期間に最高でした。

さまざまなヒストリーフラグメントの一連の計算が実行されました。 このモデルでは、450ユニットのデータセグメントの長さ、32ユニットのシーズナルラグ、および予測長30ユニットが1回設定され、変更されませんでした。 予測の質を評価するために、異なる断片について得られた結果を実際のデータと比較しました。

以下はインジケータ操作の結果を示す数値です。 すべての図で、チョコレート色は、SARIMA (2, 1, 2) モデルを選択するために使用するフラグメントの完了を示し、その基礎で得られた結果は青色で示されます。

EURUSDH1_450(32)-180

作者: Roman Korotchenko

コメントを加えるため、ログインしてくださいまたは登録するをしてください