経済カレンダー4月20日月曜日

19 4月 2020, 09:22
Alexandr Ovcharenko
0
15
01:30 CNY金利に関する中国人民銀行の決定。
2012年5月以降、中国人民銀行は着実に金利を引き下げ、中国の製造業者を支援しています。 2019年の最後の時点で、銀行は11月に金利を0.05%引き下げ、2020年2月にさらに引き下げました。現在、金利は4.05%です。

ここ数カ月、国際貿易紛争と世界経済の減速の中で、世界最大の中央銀行は、各国経済を支援し、これらの国から輸出される商品の競争力を高めるために金融政策の緩和に向かっています。

中国人民銀行もこのプロセスに沿っています。人民元の下落は、世界で最も強力な2つの経済国間の対立が始まった過去2年間で特に重要になってきました。米国への中国製品の輸入に対する関税の増加の悪影響を緩和するための対策の1つは、中国の国通貨の下落でした。この措置は、とりわけ、中国製品の米国への以前の輸入量を維持するために呼び出されました。これにより、米国と中国の国の通貨の為替レートの違いにより、米国の購入者の費用が安くなります。

これに、もう1つの強力な負の要因が追加されました-コロナウイルス。

中国人民銀行は月曜日の会議で金利を4.05%と同じ水準に維持する可能性が高いが、金利の引き下げも可能である。

しかし、中国人民銀行が予想外の発言や決定を行うと、金融市場全体のボラティリティが高まる可能性があります。投資家はまた、中国の経済に対するコロナウイルスの影響の銀行の評価と、この点に関する近い将来のその政策に関心を持つでしょう。
それを友達とシェアしてください: